見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

8月 24, 2016

うそつきロクテ

ロクテは話を「誇張した」と言って、ウソをついたとは言っていない

◇アメリカの競泳選手のほら話はブラジルで人の感情を害する
 http://reut.rs/2btHLAZ  via @Reuters

8月23日 AFP:リオ五輪で銃を突き付けられ強盗被害に遭ったとの虚偽の訴えをした競泳男子米国代表のライアン・ロクテの大口スポンサーだった国際的水着メーカーのスピードと米衣料品大手ラルフ・ローレンなど計4社が22日、契約打ち切りを相次いで発表した。

 スピード米国法人は声明で、「ブランドが長く支持してきた価値観に反する振る舞いを看過することはできない」と断じ、これまで出場した五輪で金6個を含むメダル12個を獲得したロクテについて、「彼の数々の功績に敬意を表するとともに、彼が前に進み、今回の経験から教訓を得ることを望む」と述べている。

 同社はまた、ロクテへのスポンサー報酬のうち5万ドル(約500万円)を国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン」によるブラジルの子ども支援活動に寄付する方針も明らかにした。

 一方、リオ五輪の開会式と閉幕式で米国代表のコスチュームを提供したラルフ・ローレンは声明で、「ラルフ・ローレンは今後も誇りをもって、五輪・ パラリンピックの米国代表チームとその選手たちが体現する価値観のスポンサーであり続ける」とした上で、「ライアン・ロクテ選手との契約はリオ五輪支援に特定したものであり、彼の契約を更新する意向はない」と表明した。
 また、マットレスメーカーのエアウィーヴAirweaveと医療用レーザー治療装置を販売するシネロン・キャンデラも、スピード社とラルフ・ローレン社の後に続き、ロクテのスポンサーから降りている。

 ロクテは、自身と同じくリオ五輪で金メダルを獲得した3人のチームメートと共にパーティーを終えて帰る際、警察官を装った男らに金品を奪われたと訴えていた。しかし警察は後に、ロクテの主張は虚偽であり、4人は実際にはガソリンスタンドのトイレで器物破損行為に及び拘束されたと発表。ロクテは当時酒に酔い、騒動の中心的人物になったとみられている。

 ロクテはその後、「話の一部を誇張し過ぎた」と認め、騒動について最初に説明した時もまだ酒が抜けきっていなかったと告白していた。

http://www.afpbb.com/articles/-/3098341

△「米選手の強盗被害はウソ」 ブラジル警察発表
CNN 2016.08.19

リオデジャネイロ五輪の競泳で金メダルを獲得した米国のライアン・ロクテ選手(32)ら4人が同地で強盗被害に遭ったと訴えていた問題で、ブラジルの警察は18日、4人がうそをついていたことが分かったと発表した。

警察は同日の記者会見で、4人がガソリンスタンドで器物を破壊して警備員とトラブルを起こし、その騒ぎを取りつくろうために強盗話をでっち上げたとの見方を示した。

「防犯カメラの映像では、ガソリンスタンドで選手たちが暴力に遭った形跡はない」と警察幹部は述べ、「襲撃や強盗の被害に遭った、あるいは何らかの暴力被害に遭ったという彼らの主張は事実ではない」と断言。ロクテ選手ら4人はリオデジャネイロ市に謝罪すべきだとも言い添えた。

警察の発表によれば、ガソリンスタンドでの器物損壊には4人とも関与していたが、特にロクテ選手は酔って怒りをぶちまけ、警備員とトラブルを起こしたとされる。

この事件では、ロクテ選手とジャック・コンガー、ジョセフ・ベンツ、ジェイムズ・フィーゲンの4選手が14日未明、選手村に向かうタクシーの中で武装警官を装った集団に銃を突き付けられ、財布などを盗まれたと訴えていた。

ロクテ選手は既に米国に帰国しているが、警察がコンガー、ベンツの2選手から事情を聴いたところ、1人が強盗話はでっち上げだったことを認めたという。

ブラジルのメディアは、ロクテ選手ら4人が映ったガソリンスタンドの防犯カメラの映像を公開した。4人は14日未明、ここで銃を突き付けられ、強盗被害に遭ったと訴えていた。

映像には、ガソリンスタンドの片隅で用を足している姿の男性が、警備員にとがめられる様子が映っている。

日刊紙グローボはガソリンスタンド経営者の話として、選手4人がガソリンスタンド内で石を投げて看板を破壊し、路上で放尿したと話している。

CNNはこの映像について、弁護士を通じて選手たちにコメントを求めたが、今のところ返答はない。

コンガー、ベンツの2選手は17日夜、リオデジャネイロ発の便で米国に帰国する予定だったが、ブラジル当局によって搭乗機から降ろされ、18日にリオデジャネイロ市内の警察署で事情聴取を受けていた。

http://www.cnn.co.jp/showbiz/35087696.html


8月 18, 2016

totally nuts

土曜日、映画祭でロバート・デニーロがドナルド・トランプを「totally nuts: 完全にばか者」と呼ぶ
http://trib.al/9UZluSY

◇ロバート・デニーロがサラエボでドナルド・トランプをけなす

近頃、ドナルド・トランプはつらい目に遭ってきている。失態と物議を醸す言い方の連発後、彼の顧問ですら今は彼が「指示を与える範囲を超えているかもしれない」との警句を新聞に載せている。まるでそれでは十分ではなかったかのように、ほんの今、彼は暗い路地で会いたくないであろう敵を作ったばかり、ミスター・トラビス・ビックルことロバート・デニーロだ。

土曜日、サラエボ映画祭で生涯功労賞を受ける間、デニーロは共和党大統領に任命された人物を侮辱するのに時間を費やしたとロイター通信が報じる。彼のコメントのヴィデオはここ↓で見ることができる。
(https://www.youtube.com/watch?v=b3RK6_dzvbA#t=0m38s)

「I don't know、みんながドナルド・トランプを好むなんて気は確かか… 彼はまったくそこにいるべきじゃない、神に誓って絶対。彼が言っていることはいやはやまったくクレージー、ばかげてる… 彼は完全にばか者だ。しかし現在メディアが本当に一歩踏み出して後退させていると思う、やっと、いいかげんにしろドナルド、これはおかしい、これはばかげたこと、これは正気じゃないと言い始めている。」

デニーロがドナルドに食ってかかるのはこれが最初ではない。2011年4月、トライベッカ映画祭のブライアン・ウイリアムズとのインタビューにおいて俳優デニーロはトランプにあからさまに言わない意識下の狙いを撃つ。バラク・オバマがアメリカ生まれでないことを証明することへのトランプの当時活発な行動に関して、デニーロは「これはクレージーだ。彼らはまったく発言の裏付けもしてない人々について声明している。人々について物事を言い出す前に事実をつかまえてこい」と言った。

トランプは番組Fox & Friends にこう返答した。彼はデニーロの演技を楽しんだが、「私がインタビューや他のさまざまなことをしている彼を見物するとき、我々はアルバート・アインシュタインを論じてはいないのだよ。」

http://www.complex.com/pop-culture/2016/08/robert-de-niro-disses-donald-trump-sarajevo?utm_campaign=complexmag&utm_source=twitter&utm_medium=social

司令官 フィデル・カストロ

8月13日はフィデル・カストロの誕生日でした!
なんと638回の暗殺計画を生き延び、アメリカのひどい対キューバ全面的経済封鎖を打ち負かして、90歳になりました!

◇Happy 90th birthday Commander Fidel Castro by Quadraro
http://quadraro.deviantart.com/art/Happy-90th-birthday-Commander-Fidel-Castro-628131436


8月 16, 2016

米退役軍人の決議

◇米市民団体「ベテランズ・フォー・ピース(VFP)」は13日、米カリフォルニア大学バークレー校で開いた第31回年次総会で、東村高江周辺のヘリパッド建設工事の中止を求める緊急非難決議案を可決した。米国で同計画をめぐる非難決議が採択されるのは初めて。名護市辺野古の新基地建設中止やオスプレイの全機撤収などを盛り込んだ決議案とあわせ、全米で最大規模の退役軍人の会が、沖縄関連の2本の決議を採択したことで、米国内における新たな沖縄支援の流れを形成しそうだ。

 2本の決議案を提案したのは、琉球沖縄国際支部(ダグラス・ラミス会長)。高江ヘリパッド建設計画を巡る緊急非難決議では、新基地建設計画に反対する候補者が勝利した参院選の翌日に約800人の機動隊員を動員され、抗議する住民らが排除されたことに、「日本政府が沖縄を植民地と捉えている」などと厳しく批判。工事強行を「恥ずべき反民主的で差別的な行為」と非難し、米政府に同計画の放棄を日本側に伝達するよう要請した。

 新基地建設の中止を求めた決議は、第1海兵航空団の沖縄県からの撤去や辺野古における新基地建設工事中止と建設計画の撤回、オスプレイの沖縄県からの全機撤収などを盛り込んだ。VFPの各支部に対し、それぞれの地元自治体で同決議の採択を呼び掛けるよう求めている。

 沖縄関連決議の採択に、VFPのバリー・ラデンドルフ会長は「米軍基地を巡る強制的な工事着工は、日米両政府が現在も沖縄の人々を差別的な支配下に置いていることを示している」と認識を示し、「こうした状況を恥じる琉球沖縄国際支部のメンバーらが強い怒りを感じるとともに、当事者としての自らの責任を果たそうと提案し、採択された。われわれもできることに全力で取り組んでいきたい」と積極的に協力する意向を示した。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/57506

▼下記は辺野古新基地建設反対決議の全文

◇平和と持続可能な民主主義のためのアジア・太平洋の要点

 70年以上の間、沖縄が米軍基地の重荷をになって苦しんできているがゆえに;
 そして、日米間の安全保障条約のもと米軍基地の駐留が公認されているとはいえ、日本はそれらの基地の75%が狭い沖縄(国土面積の0・6%)に配置されると主張するがゆえに;
 そして、2015年9月15日にカリフォルニア州バークレー市議会、続いて同年12月21日にマサチューセッツ州のケンブリッジ市議会が、普天間海兵隊航空基地移設に伴う名護市辺野古への新基地建設計画に反対し、沖縄と連帯を進める決議をしたがゆえに;
 そして、古くなって時代遅れの普天間航空基地の移転に日米が合意してから21年が経過したが、しかしそれは辺野古に新たに建設される超強力な基地と入れ替わることが条件であるがゆえに;
 そして、この新基地プロジェクトが、沖縄県民にさらなる屈辱を与えるのに加えて、ジュゴンを含める多くの絶滅危惧種が生息する大浦湾の汚れなきコーラルガーデンにトラック350万台分の土砂を9年間投げ捨てることを意味するとき、間違いなく壊滅的な環境災害を引き起こすがゆえに;
 そして、沖縄の圧倒的多数の人々、選挙で選ばれた沖縄県知事と名護市長がこの新基地に断固反対であるがゆえに;
 よって、VFP総会は、沖縄の人々を支持するよう激励され、短期的要請事項として以下3点を支部の地域社会での決議を励ますことを決議した:
 (1)宜野湾市普天間の第1海兵航空団を沖縄から移動させること。
 (2)県民の民主的権利を尊重し辺野古における新基地建設工事と辺野古新基地建設計画を断念させること。
 (3)事故率の高いオスプレイをすべて沖縄から撤収させること。

8月 03, 2016

変化の象徴


@HillaryClinton
民主党全国大会で演説をした初のトランスジェンダー・パーソン、サラ・マクブライド:
「わたしたちの前進にもかかわらず、いっそうなすべき仕事は存続します。」

◇ハリ・ネフ(Hari Nef)と出会う:
俳優、モデル、そしてUKで初のエル誌のトランスジェンダー・カバーガール

変化の象徴(‘icons of change’)、エル誌のキャットウォークスターとのインタビューは、彼女の転移ではなく、才能一点に集中する

エル誌9月号「変化の象徴」に関するオールアバウトに特別なコレクター好みの表紙を印刷することにしたとき、エル誌の出版者らはスターが誰であるべきかについて直ちにわかった:俳優のKristen StewartとAmandla Stenberg、二人とも性的志向の伝統的概念に従うことを拒絶したため大ニュースになった;名声の頂点にある世界最大のポップバンドOne Directionから逃げた歌手Zayn Malik;そしてトランスジェンダー・モデルのハリ・ネフだ。

ネフの表紙はまず間違いなく4人のうちで最もかっこいい(急進的)。それについて初めてトランスジェンダーの女性がイギリスの主要な商業誌の表紙になったと記録する。だがそれ以上に60年代のフランスの若手女優のスタイリッシュなアンドロジニー(両性具有)にサイレント時代の映画スターの重くのしかかる瞼の凝視を混合するとして23歳のネフの印象的な非凡な美しさを特に目立つように示す。

***
ネフがファッションから身を起こすのは速やかだった。マサチューセッツ、ニュートンの裕福な郊外で彼女は育てられた。両親は彼女が2歳のとき離婚した。エル誌のインタビューで彼女は自分のことを「生まれた時に男性と割りあてられためめしい男」のグループと説明し、常に自分は女性であると感じたと述べる。十代の時、彼女はもっとはっきりとそれを表現し始める。「ある服が着たかったが着ることができなかった」と彼女は説明する。「とにかくまあ着たんだけど、同僚や母親との摩擦が常にあった。」

彼女はコロンビア大学で演劇を学ぶためにニューヨークに出発する変化を開始して卒業でスーパーエージェンシーIMGによって先を争われる、彼らと契約する最初のトランスジェンダー・モデルだ。雑誌やキャットウォークで人気がある男女のための性別のない服を特に目立つよう示したポップアップストアAgenderのためのSelfridgesの最近のキャンペーンで彼女には際立つ役割があった。そしてスウェーデンのブランドからハンドバッグ会社Mansur Gavrielまで、だれでも皆のためのキャンペーンに出演した。

「ボストンで身を隠し3年間気楽に暮らすことができ、わたしの移行を実現して声をより女性らしくするためヴォイスレッスンを受けることができ、性再配置の手術の機会を得ることができた、移行を完了することに時間をかけたが、わたしは待ちたくなかった」と昨年アメリカのヴォーグ誌に彼女は語った。「わたしは世に立っていたかった。」

***
スナップ写真を撮るとき無邪気にかわいらしく微笑むのを拒絶するのは彼女の魅力のかなり大きい部分だ。彼女の経歴は「わたしには仕事を超えている。それは政略にかかわる」とヴォーグ誌に語った。彼女のツイッターのアカウントからのリンクは全米トランスジェンダー平等センターに通じる。そしてゆるぎないリベラルな教育と、おそらく不釣り合いに殺害されるトランスジェンダーの黒人女性によって突きつけられるプレッシャーとの対比について彼女はしきりに話した(2015年に殺害された22人のトランスジェンダー女性のうち19人が黒人女性だった)。「2015年、白人のトランスジェンダー女性としてわたしは機会を与えられた。有色人種(特に黒人)のトランスジェンダー女性であるためにアメリカで9人が殺害された」と彼女は昨年の夏、ツイートした。「アメリカで遇される白人のトランスジェンダー女性と黒人のトランスジェンダー女性のあいだにひどく露骨な相違がある。」

彼女は性差の構成概念やレッテル付(分類)を含めて社会の脅迫概念について均等に遠慮なく話す。エル誌のインタビューで彼女は述べる:「理想の世界において、わたしは身体を変える必要がない。このようなことをまったくする必要がありません。かわいいとか、“女性らしく”ある必要がないのです。」

“Free the Femme:生き残りの美学”と題する2015年の会議主催者Tedのための談話において、彼女はもっとあからさまだった、そして一様に自分がいる状態に気づく危険の原因となるトランスジェンダー女性を引用してはっきり述べた:「もっと高く流動的なフェミニスト(女権主張者)のりっぱさの美学のために、生き残り、特にトランスジェンダーの生き残りの美学にそろそろ席を譲ってもいいころです。」

https://www.theguardian.com/society/2016/jul/30/hari-nef-changing-world-transgender?CMP=twt_gu





8月 02, 2016

同志トランプ

◇本日ニューヨークデイリーニュース紙がニュースとして「同志トランプ」を報じる
表紙:ロシアにヒラリーをハックしろとの同志トランプの反逆罪的な要求

8月 01, 2016

もうけっこうだ

◇なぜイギリス人はヨーロッパにノーと言ったか
ICH 26 June 2016 by John Pilger

EU離脱のイギリス人による過半数票は露骨な民主主義の行為だった。多数の普通の人々が、大政党の自分よりすぐれていらっしゃる方々、実業界や銀行業を営むグループやメディアのリーダーによってむきだしの侮りでいじめられ、おどしつけられ、簡単に片づけられるのを拒否したのだ。

これは主に、“残留”キャンペーンを擁護する人の全くの傲慢や英国の社会的にまさしく市民生活が寸断することにより立腹させられ、がっくりさせられる人々による票だった。1945年の歴史的改革の最後のとりで、国民健康保険は保守党と労働党が支える私人に属する人々によってくつがえされたため命がけで格闘している。

オズボーン財務相や英国の旧体制とヨーロッパの銀行業を営むマフィア双方の権化が、もし人々が間違った向きに投票したならば公共事業から300億ポンドを削減するとおどしたとき、前もって警告が起こった、それは衝撃的な規模での恐喝だった。

移民は、右翼の大衆向き政治家によるのみならず、下っ端ではなくてトップの腐敗の兆しや人種差別を助長し育てる彼ら自身の由緒ある伝統を利用する労働党の政治家による完ぺきな冷笑的なことばを用いるキャンペーンに利用され食い物にされた。最初はイラク、現在はシリアと、何百万もの難民が中東を逃れてきた理由は、侵略と英米仏やEU、NATOの帝国の意図的暴力だ。その前はユーゴスラビアの故意の破壊がある。その前はパレスチナを盗んだこととイスラエルの不当な要求、詐欺があった。

ソラトピー(日よけ帽)はなくなって久しいかもしれないが、流血は決して止まらなかった。植民地の実用性の程度いかんによる19世紀の国や民族の侮りは、金持ちのためのよこしまな社会主義と貧者のための資本主義を用いて近代の“グローバリゼーション”の最重要項目となる:資本家階級のための自由と労働者階級に対する自由の拒否;不実な政治家と政治化する公務員。

このすべてが今はヨーロッパに帰ってきた、そしてトニー・ブレアの同種類のものを富ませ、数百万人を貧乏にして無力化する。6月23日、イギリス人はもうけっこうだと言った。

“ヨーロッパの理念”の最も有力な宣伝者は極右ではなくて首都圏ロンドンがイギリスのたまらないほど寡頭政治的な階級だった。その先導するメンバーは自分たちのことを21世紀の時代思潮のリベラルで正しい知識のある教養ある民衆指導者とみなす、まさに“クール”とみなす。実はなにかというと、彼らは飽くなき大量消費嗜好と彼ら自身の優越という旧式の生来の傾向を有するブルジョアジーだ。彼らの家の新聞ガーディアン紙で、“ネオリベラリズム”として知られる社会的不公平と憎しみに燃えた過激主義の源、まさにEUを心から非民主的とみなす連中を彼らは毎日毎日さも満足そうに眺めた。

この過激主義のねらいは、法人階級によって恩義を受け類別され管理される大多数と永久不変のワーキングプアで三分の二の社会を確保する永久不変の資本主義神権政治をインストールすることだ。今日イギリスでは、貧しい子どもの63%が家族のひとりが働いている家庭で育つ。彼らにとって割り込みは閉じられている。イギリス第2の都市マンチェスターの60万人以上の住民が「極度の貧困の影響を経験」して160万人が窮乏に陥っていると調査が報じる。

統制されるブルジョア根性のメディア、とりわけ名門大学(オックスフォードとケンブリッジ)が支配力をふるうBBCでは、この社会的大災害のほとんどなにも事実と認められない。国民投票キャンペーンの間、まるでイギリスが今にも敵対する傾向のアイスランドの北のどこかに引っぱっていかれようとしているかのように、“ヨーロッパ離脱”について使い古したヒステリーに立ち入る余地がある洞察に満ちた分析はほとんどなかった。

投票の翌朝、BBCラジオの記者は親しい同窓の友としてスタジオに政治家を迎え入れた。「さて」と彼は面汚しのブレア主義(Blairism)立案者のピーター・マンデルソン卿に言った。「この人たちは、なぜこれほどひどくそれを望むのか?」と。“この人たち”とはイギリスの大多数のことだ。

この頃はそう言う人はほとんどないとはいえ、裕福な戦争犯罪人トニー・ブレアはマンデルソン“欧州連合”階級のヒーローのままだ。ガーディアン紙はかつてブレアを「神秘主義的」で強欲な戦争という彼の“プロジェクト”に忠実だったと説明した。投票日翌日、コラムニストのマーティン・ケトルは大衆による民主主義の誤用にブレヒト流の解釈を提供した。一面記事に「おいおい、もちろん、イギリスにとって国民投票は不適当であるというのに我々は同意できる」と見出しで言った。この“我々”というのは説明されていなかったが、“この人たち”がわかるようにわかる。「国民投票は政治にさほど正当性を授与しない」とケトルは書いた。「… 国民投票の判断は冷酷であって当然だ。二度と起こらない。」

ケトルが待ち焦がれるいわば冷酷のようなものは現在エアブラシで描かれるギリシャで見つけ出される。ギリシャでは国民投票があって結果は無視された。イギリスの労働党のようにアテネの急進左派連合政府(Syriza)の指導者らはポストモダニズムのごまかしと政治的裏切りの中で仕込まれる裕福な大いに特権のある教育ある中産階級の申し子だ。ギリシャの人々は、彼らの国から元気を絞り取っていたブリュッセルの打算的な現状と“もっと対等な関係”に努めるよう政府に要求するため勇敢に国民投票を用いた。英国民が裏切られてきたように、彼らは裏切られた。

金曜日、労働党のジェレミー・コービン党首は“EU残留”キャンペーンの僚友、立ち去ったキャメロンに敬意を表すかどうかBBCに尋ねられた。コービンはしつこくキャメロンの気高さを称賛して、ゲイの結婚に対する彼の支持と血の日曜日の死者のアイルランド人家族への謝罪について特に言及した。彼はキャメロンが分裂を生じさせたこと、彼の残忍な緊縮政策、公共医療を保護することでの彼のウソについてなにも言わなかった。彼はまたキャメロン政権の戦争をあおるやつらに気づかせもしなかった:リビアへのイギリス特殊部隊の急派やサウジアラビアへのイギリス爆撃狙撃手の急派、とりわけ第三次世界大戦を招くこと。

国民投票の週、私の知る限りではイギリスの政治家とジャーナリストは誰も1941年6月22日ナチスドイツのソ連侵攻75周年を記念するサンクトペテルブルグでのウラジミール・プーチンのスピーチに言及しなかった。ソ連の2700万の人命とドイツ全軍の大多数が犠牲となるソ連勝利は第二次世界大戦に勝った。

現在のNATO軍の逆上した増強をプーチンは第三帝国(ヒットラー治下のドイツ)のバルバロッサ(1941年ヒットラーのソ連侵攻作戦)作戦のロシアの西の境界に対しての戦争マテリアルになぞらえた。NATOのポーランドでの軍事演習はナチ侵攻以来最大だった;アナコンダ作戦はおそらく核兵器でのロシア攻撃をシミュレーションした。国民投票の前夜、NATOの売国奴事務局長イエンス・ストルテンベルグは、EU離脱に投票したならば“平和と安全”を危険にさらしていることになるとイギリス人に警告した。彼やキャメロン、オズボーン、コービン、オバマを無視した数百万人とイングランド銀行を支配する男は、ヨーロッパの本当の平和と民主主義のためにまさしく一撃を食らわすかもしれない。

Follow John Pilger on twitter @johnpilger and on Facebook
http://www.informationclearinghouse.info/article44970.htm