見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

June 11, 2012

イーストビレッジ 文化の爆発







イーストビレッジ!
トンプキンス
スクエアパーク!
わくわく
大昔、
わたしも、
一時期
イーストビレッジの住人だった






◇今週末、 Howl(吠える)!フェスティバルがイーストビレッジを急襲

週末の集まりは、朗読、アート、ダンス、その他で独創性に富んだ詩を祝う。アレン・ギンズバーグの「Howl!:吠える!」は後に続く世代に影響を与え、1955年サンフランシスコでの最初の朗読の最中に詩人が想像したものをなんであれはるかに超えた影響を及ぼしてきている。
2003年以降、イーストビレッジの住人は毎年、作家、ミュージシャン、ダンサー、その他の集まりである「Howl(吠える)!フェスティバル」でその独創性に富んだ詩を祝ってきている。
今年の盛大なお祭りは金曜午後、詩人ボブ・ホルマンが率いるグループ朗読でキックオフする。午後4時半、トンプキンススクエアパークでのポエトリーグループPop Up Poetsのヴォイス、「Greek Chorus」が呼び物だ。
無料の催しは、朗読、カーニバル、ダンスパフォーマンスを含める様々なイベントで週末を通して続く。
日曜午後5時、1966年から1972年のイーストビレッジの文化の爆発にオマージュを捧げるショー、"Low Life 6: East Village Others" で週末は終える。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home