見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

September 20, 2012

危険なロックス




天安門事件後、中国では本当の意味での民衆によるデモは起きていない
当局により周到に準備されたデモである… と、アイ・ウェイウェイ


◇中国の反体制的な現代美術家、艾未未(アイ・ウェイウェイ、Ai Weiwei)氏が20日、同国各地で起きている反日デモは中国政府指導者たちの後押しを受けているとAFPの取材に語った。

艾氏は18日、北京の米国大使館近くの友人宅を訪れていた際、群集がゲーリー・ロック駐中国米大使の公用車を壊す様子を目撃し、ビデオ撮影したという。現場は日本大使館にも近い。

艾氏によると、抗議の声が聞こえたため録画を開始した。見ると、50人ほどの集団がロック大使の車を取り囲み、米国旗を破るなどしていたため「非常に驚いた」という。群集は車を叩き壊そうとさえしているように見えたが、警官が駆けつけて道を空け、大使の車は急発進して去った。

艾氏は、「(反日)デモ全体が当局によって仕組まれていることが、あからさまに分かることに驚いた」と述べた。

2011年には81日間にわたって当局に身柄を拘束されたことのある艾氏は、中国では1989年に天安門広場で開かれたデモが当局に武力鎮圧された後、「本当の」デモは起きていないと指摘。「当局は(今回の反日デモが)自然発生したかのように見せかけているが、慎重に準備されたものだということを明らかに示す点がたくさんある」と語った。

「しかし、そうした戦術をこの手の国際問題において用いるのは『稚拙』だと思う。1960年代並みだ。(民衆が)自ら組織したデモだと主張しようとしているが、実のところは当局が奨励しているものだ。中国人ならば誰でも、最後に組織された本当のデモが戦車に押しつぶされたことを知っている」(艾氏) 

艾氏はまた、デモ参加者についても「リーダーも知識人もいない」「何にも属さない群集だ。学生でも労働者でもない。誰とも知れない」と述べ、批判した。

(引用元:AFPBB News 2012年9月20日)

△写真はCNNの関連記事から
危険なロックス(尖閣諸島の禍根):どちらの側も平和的にあと戻りできるのか?

9月21日はInternational Peace Day(国際平和デー)です
オノヨーコの取り組みが Instagram の yokoonoofficial より読めます

0 Comments:

Post a Comment

<< Home