見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

March 08, 2017

外交官がいきなり死に続ける

◇ロシアの外交官がいきなり続けて死んでいる
Ivan Sekretarev / AP

前副首相の補佐官に加えて、11月以降、6人のロシア人外交官が死んでいる。ひとりを除いてはすべてが異国で死んだ。他の死因は不明であると同時に幾人かは射殺された。数人の死が「心臓発作」または「短時間の疾患」と決めつけられたことに注目してください。あなたが知らなければならないことがここにある:

    ✓    ロシアの駐トルコ大使アンドレイ・カルロフは、たぶんあなたの記憶にあるだろう、彼は昨年12月19日にトルコの首都アンカラの写真展会場で警官によって暗殺された。

    ✓    同日、別の外交官Peter Polshikovがモスクワの自宅で頭部を撃たれて死亡した。銃がバスルームの洗面台の下で見つかったが、死亡状況は調査中である。Polshikovは外務省ラテンアメリカ部署の上級外交官として働いた。

    ✓    今年2月20日にロシアの国連大使ヴィタリー・チュルキンがニューヨークで死んだ。チュルキンはロシアの国連任務で執務中に倒れ病院に急搬送された。当初の報道には彼が心臓発作に遇ったとある、そしてCBSによると、検死官が死を調査している。(チュルキン国連大使は40年以上ロシア外交に関わり、2006年に国連大使に任命されてから国連安保障理事会では最も長い任期を務める大使だった。2016年12月31日には国連安保障理事会でロシアが提出したシリアの停戦合意案の決議が採択された。)

    ✓    ロシアの駐インド大使Alexander Kadakinが1月27日、「短時間の疾患」の後に死んだ、The Hinduは数週間のあいだ彼が苦しんでいたと言った。

    ✓    ギリシャに首都アテネのロシア総領事アンドレイ・マラニンが1月9日、自宅アパートで死体で発見された。ギリシャ警察は公式に「部屋に侵入された形跡はなかった」と述べた。だが、マラニンはひどく監視される通りに住んでいた。AFPの報道によれば、死因にはさらなる調査が必要とされる。ギリシャがEUとNATOによってますます批判されたとき、ギリシャとロシアの関係がゆるむ期間を通じてずっとマラニンは働いた。

    ✓    アメリカ大統領選(11月8日)の朝、ロシア外交官のSergei Krivovがニューヨークのロシア領事館で意識不明で発見され、その場で死亡した。当初の報告ではKrivovは屋根から落ちて鈍い力による怪我があったとされる、しかしロシア当局は彼の死因が心臓発作だと言った。BuzzFeedはKrivovが領事館の当番指揮官だったかもしれないと報じる、それは破壊工作またはスパイ活動を防止する職務を彼に預ける。

    ✓    テレグラフによると、トランプに関する書類一式を起草する手助けをするのではないかと推測されたKGBの元上官、Oleg Erovinkinが昨年12月26日に彼のクルマの後部で死体で発見された。Erovinkinもまた前副首相Igor Sechinの補佐官だった、前副首相は現在ロシア政府が所有する統合した石油会社Rosneftの頭となる。

ある過去のできごと:ニューヨークタイムズによると、2015年11月にプーチンの上級顧問Mikhail Lesinがワシントンのホテルの部屋で死体で発見された、彼はメディア会社RTの創設者でもあった。ロシアのメディアではそれが「心臓発作」ということだったが、検死官は「鈍い力による怪我」だと言った。

少し明白である2つの事件:2006年にKGBの元職員で内部告発者のアレクサンドル・リトビネンコが放射性ポロニウムを盛られて毒殺された。6年後、ニューヨークタイムズによると内部告発者のAlexander Perepilichnyがイギリスでジョギング中に毒薬で死亡した。

https://www.axios.com/four-russian-diplomats-died-in-the-last-three-months-2281281560.html

0 Comments:

Post a Comment

<< Home