見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

February 19, 2017

諜報機関界のリベンジ

◇「彼は刑務所で死ぬ」:トランプに対して諜報機関界はいつでも「核武装する」と上層の情報源は言う
by David Edwards 15 Feb 2017

伝えられるところでは、ドナルド・トランプ大統領の最近の諜報機関界への攻撃の後、アメリカ国家安全保障職員はいつでも喜んで「核武装する」。火曜と水曜の一連のツイートでトランプは「本当のスキャンダル」は元国家安全保障担当補佐官マイケル・フリンがロシアとの接触についてウソをついたことではなかったと迫った。それよりも、あのフリンを追い出すことに導いた「アメリカ人らしさを失わせる」リークだったと言って呪い倒した。

水曜、元NSA情報分析官ジョン・シンドラーは国家安全保障職員のリアクションに関してちょっとした眼識を提供した。

「それならば私たちは核武装する」と彼はツイッターに書いた。「新たなレベルに進む(情報機関界の)戦争。「彼は刑務所で死ぬ」:それが始まったという上層の諜報機関界の友人からのEメールをほんの今もらった。」

「この場合にアメリカ諜報機関は問題ではない」とシンドラーは別のツイートで付け加えた。「大統領のロシア諜報機関との共謀が問題。多くの項目だが、本質は単純だ。」

◇“アメリカよ、目を覚ませ”
Posted February 15, 2017


諜報機関界はトランプを打ち負かすために「先例のない」努力をしているとデニス・クシニッチは言う


国家安全保障補佐官としてマイケル・フリンが辞任した結果として諜報機関界がいかにドナルド・トランプ大統領を打ち負かそうとしているように見えているか、アメリカの元下院議員デニス・クシニッチ(オハイオ州選出民主党)が詳細に論じる。


この場合により大きな問題はフリンと駐米ロシア大使セルゲイ・キスリャクとの間の電話の会話が盗聴されてメディアにリークされたことだと民主党の元大統領候補は言った。

http://www.informationclearinghouse.info/46450.htm#sthash.PiWHNlUt.dpuf

◇CIAがトランプ大統領に対抗してリベンジをたくらんでいるとチャック・シューマー(民主党上院院内総務)は言う

http://www.informationclearinghouse.info/46450.htm#sthash.PiWHNlUt.dpuf

0 Comments:

Post a Comment

<< Home