見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

June 20, 2009

エルサレムの敵意 現象

Feeling The Hate In Jerusalem -- The Censored Video from Max Blumenthal on Vimeo.



◇「憎しみを感知する」ヴィデオを検閲するなとYouTubeに伝えて

埋め込んだヴィデオは、YouTubeが検閲した「エルサレムの敵意」を感知するヴィデオ

40万人が見た後で、YouTubeは説明なしに、オバマのカイロ演説の前夜エルサレムで敵意を感知するマックス・ブルメンタールとジョセフ・ダナのヴィデオを削除した。
ブルメンタールとダナはエルサレムのダウンタウンでヴィデオ撮影をしストリートの子たちに質問をした。主に夏休みでエルサレムにいるユダヤ系アメリカ人で、オバマをどう思うか聞いた。答は、主として、ののしりと卑劣な語句、ホモ嫌悪、イスラム嫌悪、アラブ人憎悪、そして大量の無知によって高められるハードコアな人種差別だ。YouTubeはまた、イスラエルの国境警備隊によって自分で自分を平手で打つよう強制されたパレスチナ人のヴィデオもまた取り除いた。パターンがわかってくる。この種の憎悪と極端主義が私たちユダヤ人社会でリアルな現象であるのを私たちはわかっている。それは世に紹介され暴露される必要があり、同じ重大さで見られる必要がある。そこの過激主義者に立ち向かうため、私たちはどの地域社会にも知ってもらいたい。私たちが中東での現実の平和を得ようとするとき、これをもっと危うくすることはできなかった。

YouTubeにメールを書いてこのヴィデオをもう一度繰り返させるよう求めてくれ。
http://salsa.democracyinaction.org/o/301/t/9047/petition.jsp?petition_KEY=1990

(Jewish Voice for Peace 19 June 2009)

0 Comments:

Post a Comment

<< Home