見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

February 13, 2014

クソったれネオコン

◇キエフの政権交代にアメリカが50億ドル費やしているのをヌーランド国務次官補が認める

アメリカのヨーロッパ担当国務次官補ヌーランドは言っている。「1991年のウクライナの独立宣言以来、アメリカは民主制度の進展でウクライナ人を支援して市民社会と政府のりっぱな形態をはかどらせるスキルを補佐しました、どれもみなウクライナのヨーロッパ人の目的達成に欠かせないものばかり。我々はウクライナを助け、これや他のゴールを達成するために50億ドル以上を投資してきています。」
それに報いる将来までアメリカはウクライナをはかどらせ続けるとヌーランドは言った。

Press TV 09 Feb. 2014
http://www.presstv.ir/detail/2014/02/09/349910/washingtons-cloned-female-warmongers/

"クソったれヨーロッパ" ICH 09 Feb.2014 by Eric Margolis

“ファック、ヨーロッパ!”、 ウクライナのキエフでかような言葉がアメリカのヨーロッパ担当国務次官補ヴィクトリア・ヌーランドにより使われた。
ヌーランドは、ウクライナの現行のもめごとにあまりにも深く関わりを持つことや、旧ソヴィエト共和国に制裁を押し付けることでの、EUの気乗りのなさをそう呼んだ。だが、ヨーロッパを、もろくてちぐはぐなバナナ共和国集団として見るワシントンの軽蔑をヌーランドは完璧に捕らえた。
ヌーランドは顕著なアメリカのネオコンである。非好戦的、イスラエルに控えめに批判的、ワシントンの要求にたいてい不適当に反応するとの理由で、彼女は仲間のネオコンのようにヨーロッパをさげすむか、または恐怖を覚えさせるフランス人のように反抗さえする。

ヨーロッパに対するヌーランドの簡潔なる言及と、まったく干渉していないとアメリカが主張するウクライナに関して欧米漬けの新たな政府のための彼女の計画がロシアの電子情報局によって盗まれて世界に飛び回ったのは実に爽快だ。自分の携帯電話でこれほど軽率に話すとはマダム・ヌーランドはなんて鈍いのか。
最近、ヌーランドと他のアメリカの上級職員らはウクライナに"ちょっかいを出す"という理由でモスクワを非難してきた。漏れた電話記録でヌーランドはキエフのアメリカ大使に3人の野党候補のどれがウクライナを支配するのをワシントンが望むかについて話している。
キエフの政権交代に関するヌーランドの計画はモスクワには思いがけない幸運だった、モスクワはアメリカとEUがウクライナの反乱に味方すると主張する。彼らをまるでアメリカの操り人形のように見せることで、まさに彼女は民主主義のウクライナ野党勢力を徐々にむしばんできている。
口数の多いヌーランドは辞任すべきだ。

リスクが非常に危険に向かうウクライナをめぐって高まるアメリカとロシアの対立を強調することを除いては、これはまったく最高に愉快だった。ウラジミール・プーチンに近いロシアの上級当局者がウクライナから立ち去れ(さもないとあとが怖い)とワシントンに警告した。ヨーロッパは当然、ウクライナの危機がワシントンとモスクワによる正面衝突を引き起こしかねないのを心配する、まさに2008年に危うかったオセチアをめぐるつまらないロシア・ジョージア戦争のようにだ。
おもしろいことに、その危機のあいだ、アメリカは黒海に戦艦を急送した。今回、仮に暴力行為が生じるとしてソチ・オリンピックのアメリカ人観光客を避難させるために配置につくというばかばかしい弁解のもと、アメリカ海軍の戦艦が黒海に再び戻る。

アメリカのメディアはネガティヴニュースの集中砲火でロシアとプーチンを猛攻撃している。ソチ・オリンピックは容赦のない取るに足らない攻撃と浅ましいあら探しを受けてきた。

ロシアがソチ・オリッピックに数十億ドル費やしたとして、それでどうしたっていうのか。アフガニスタン、イラク、現在シリアと、巨額の負債と大勢の難民や墓地を除いてはなにも見えてこない愚かな戦争に2兆ドル以上を注ぎ込んだあと、いったいワシントンの誰がモスクワを非難するというのか?
帝国主義者としてイギリスで知られていたものだったアメリカ国家安全保障体制はアメリカの法人型メディアに手助けされていまその銃口をロシアに向けている。プーチンのロシアはアメリカのナンバーワンの敵として再出現している。イスラム教徒は終わった。時代は冷戦が少しずつ戻っているようだ。
核保有国はそのようなつまらない校庭の口喧嘩にふけってはいけない。この秋、100周年を迎える第一次世界大戦はちょうどこんな風に始まった。
プーチンのロシアはユートピアではない、だが荒れ狂う拡張主義のロシア人をまたアメリカの東の国境に本当に望むのか?オリンピックと盛んにモノを買い込むことに集中してくれるほうがいい。私たちとは異なり、彼らは最近はどんな戦争も起こしてきていない。
△Eric S. Margolis:彼は国際的に同一経営の新聞社グループの受賞したコラムニスト。彼の記事はニューヨークタイムズ、インターナショナルヘラルドトリビューン、ロサンジェルスタイムズ、タイムズオブロンドン、Gulf Times、Khaleej Times、ネーション、サンタイムズマレーシアや、アジアの他のサイトで見かける。 

◇ウクライナの新聞、キエフポストは6日、アメリカのヌーランド国務次官補とパイアット駐ウクライナ大使が電話で会話した音声がインターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿されていると伝えました。
音声はおよそ4分間で、2人はウクライナのヤヌコビッチ大統領と野党勢力との仲介をし、新しい政権を作ることについて話し合っており、この中で、EU(ヨーロッパ連合)について、対応が遅いなどといらだちを示し、異例の強い口調で非難しています。
サキ報道官は、誰が盗聴したのかは分からないとしながらも、ウクライナ情勢を巡ってアメリカと対立するロシアの政府関係者が盗聴についていち早くツイッターで伝えたと指摘し、ロシアの関与を疑っていることを示唆しました。(NHK NEWS WEB 2月7日より)

写真はデモ隊の基地となったキエフのヨーロッパ広場
 
 

0 Comments:

Post a Comment

<< Home