見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

12月 09, 2017

パイロットが強制送還を阻止


◇パイロットらがフライトを拒むことで222名の亡命者がドイツから強制送還されるのを止める

乗客を運ばない決断は“その場その場で決定”したとルフトハンザの広報マンMichael Lambertyは言う

インディペンデント紙 7 December 2017

彼らを積んで離陸することを拒否することで222名の亡命者の強制送還をパイロットが止めた。

西側諸国の軍勢による長年の戦争と占領の結果として今でも暴力による威嚇がはびこるアフガニスタンに人々を連れ戻すことをパイロットの多くが拒否した。

「飛行の安全性に影響を及ぼされかねない」とパイロットが思っているとすれば、“その場その場”を基礎として、彼らが決断したと関係する航空会社のひとつは言った。

国のところどころで進行中の暴力による威嚇と抑圧にもかかわらず、ドイツはアフガニスタンをかなりの場合には“安全な国”とみなした。ドイツ政府の数字によれば、するつもりでいた合計222の強制送還がパイロットの拒絶のために“達成できなかった”と分類された。最多数の140がフランクフルト空港で発生した。他はケルン・ボン空港から飛ぼうとしなかった。

その数字は一般に左派党Left Partyと呼ばれる政党Die Linkeによって入手された。

フライトのかなりがルフトハンザとその子会社Eurowingsのものだった。乗客を運ばない決定は最後に“その場その場”でパイロットが決断を下したとルフトハンザの広報マンMichael Lambertyは初めからニュースを報じた新聞Westdeutsche Allegeimeine Zeitungに語った。

彼は次のように付け加えた:「もし飛行の安全性に影響を及ぼされかねないとの感触があるとすれば、彼は乗客の輸送を拒否しなければなりません。」
「強制送還の間に事態がエスカレートしかねないことを示すある種の情報があらかじめ空港の保安要員にあれば、彼らは事前に乗客を乗せない決断をすることができます。」

ドイツの刊行物RBB24は、強制送還される可能性のある人が飛び立ちたいかどうか尋ねられたとき「ノー」と答えるとすれば、パイロットは普通は飛び立つことを拒否すると言いながらも、身元を特定されたくなかったルフトハンザのパイロットを引き合いに出した。

伝える所によれば、「飛行の間に誰であれひどく興奮してパニックになるのを私たちは防がなければなりません、そして同じく他の乗客を保護しなければなりません」とパイロットは述べた。

もし倫理的根拠で飛ぶことを拒否するとすれば、パイロットは懲戒措置に直面しうる。

「私どものパイロットのひとりが良心に従うことを理由に彼らを連れて行くのを拒んだどのようなケースも承知していない」とルフトハンザ・グループの広報マンHelmut Tolksdorf はRBB24に伝えた。

ドイツは他のEU諸国27カ国全部を合わせたより多くの亡命申請を処理した。ヨーロッパの統計機関Eurostatは、2017年の最初の6カ月に連邦移民難民機関(BAMF)が38万8,201件の亡命事例を決定したと言った。

今年初めにSamim Bigzadが機内にいる間、英国航空のパイロットが飛び立つことを拒否したとき、少なくとも1つの類似した拒絶がイギリスで生じたことが知られている。

アフガニスタン人のBigzad氏はタリバンが彼を殺すと脅迫した都市への強制送還に直面した。

「彼を連れて行くことにはなりません;私は航空機を操縦していません」とパイロットは言った。「ある人の生命が危険にさらされています。」

http://www.independent.co.uk/news/world/europe/german-pilots-refuse-deport-asylum-seekers-lufthansa-angela-merkel-migrants-a8092276.html
補足:強制送還の対象となる人々の多くはISやタリバンを逃れてきたアフガニスタン人だ。アムネスティ・インターナショナルによると情勢不安定な地域に人々を追い返すことは国際法違反。彼らの中には5歳の幼少期から母国の地を踏んでいない人もおり、今週水曜日には78名の強制送還が予定されている。