見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

May 02, 2008

ミサイルは無人偵察機からやってくる


◇AP通信によると、イスラエルによる急襲がふたたび繰り返されているパレスチナ自治区では警戒感を強めているガザの武装勢力が双眼鏡を使って常に無人偵察機を見張っている。
「Glouchester Daily Times」紙に掲載されたAP通信の記事「パイロット不要の飛行機がイスラエルの主要兵器として登場」から引用するーー。

上空に無人偵察機を見つけると武装勢力の兵士たちは、携帯電話の電源を切ってバッテリーを外すようにトランシーバーを通じて仲間たちに警告する。イスラエルのハイテク装備によって自分たちの居場所を突き止められるのを恐れてのことだ。
ガザ地区南部の出身でイスラム聖戦グループに属する兵士によると、無人偵察機は主に個人を標的にする場合に使われ、建物は狙わない。
無人はたいてい有人よりはるかに高い上空を旋回飛行する。発射されるミサイルの多くは破壊力が非常に高いもので、着弾地点には深い溝ができる。
無人偵察機が標的とするのはたいてい歩いている人や道にできた穴を避けるために減速しているクルマなどの低速で動く対象物だとこの兵士は語った。
「無人偵察機は上空に小さな円を描いて飛んでるように見えるが、ミサイルを発射する直前になると減速する。他のとはまったく違う。ミサイルが発射された形跡も見えないし、音もほとんどしない」と兵士は述べた。

米国でも同様の目的で同じ戦術を幾度となく採用してきている。聖戦を行なうテロリストと疑われる人物を密かに狙い撃ちすることを目的にした、パキスタンで飛行している無人偵察機「プレデター」もその一例だ。2年前にパキスタン国境近くで行なわれ、女性や子供たちが巻き込まれた爆撃が「プレデター」によるものだったのをニューヨークタイムズ紙が記事にした。
(WIRED NEWSより)

写真は、イスラエルの無人偵察機から発射されたミサイルが近くに命中した瞬間のガザの人びとのリアクションだ。この普通の人びとの動きを見ても、交戦中のミサイル攻撃などというのでないことがわかる。仮にここで犠牲者が出ても、マスコミは戦闘中の死者と書くのだろうか。

写真はクリックすると拡大版で見ることができます。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home