見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

July 18, 2008

同じ言いがかりは通用しない


◇住宅ローン大手への救済措置、インディマック銀行の破綻、米ドル最安値更新、過去26年で最高のインフレ、ダウが続落し1万1000ドルを割り込む、など金融危機を調べる
米国経済にとってこの7日間はきびしいものでした。7月11日金曜、米連邦預金保険公社(FDIC)は、破綻したカリフォルニアが地盤のインディマック銀行の監督権を差し押さえました。それは米国史上2番目に大きな銀行破綻でした。アナリストらは他にも150の銀行が破綻しうると予測します。日曜、ヘンリー・ポールソン財務長官が住宅ローン大手(政府系住宅金融機関)フレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)とファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)を救済する異例の動きを発表しました。火曜、ダウジョーンズ工業株平均値が2006年以降初めて1万1000ドルを割り込んでドルがユーロに対し最安値を更新しました。そして16日水曜、いま過去26年で最も速いペースでインフレが上昇していることが発表されました。

◇米国の攻撃でアフガニスタンの一般市民8人が殺された
アフガニスタンでは少なくとも8人の一般市民が殺されてきています。ここ2週間で米国の攻撃がアフガニスタン人の生命を奪うのは少なくとも3度目です。先週日曜の米国の爆撃で47人の一般民間人が殺されたとアフガン政府は言います。ペンタゴンがアフガニスタンでの空襲作戦を2003年以来最高のレベルまで意味ありげに強めてくるにつれて、死のスパイク波が起こります。

◇エクアドルとベネズエラが石油精製所を建設
大規模な石油精製所を建設する協定にエクアドルとベネズエラが調印しています。パシフィック精製所は一日あたり原油30万バレルの生産能力があります。エクアドルのラファエル・コレア大統領はこのパートナーシップを、南米の統合に向けたさらなる前進と呼びました。
エクアドルのラファエル・コレア大統領:「私たちが兄弟のようにうまく協定できること、私たちが信頼すること、いっしょに促進できること、国家間の競争のバカバカしさ愚かさを克服できることの明白な立証です。それゆえ、私たちは国家間の協力をいっしょに前進させることができます。」

◇コロンビアは人質救出の間に赤十字のシンボルマークを誤用
今月初めに反政府組織FARCの人質15人を救出した作戦の最中、軍のパイロットが赤十字のシンボルマークを偽って濫用したのをコロンビア政府は認めています。水曜日、コロンビアのウリベ大統領が謝罪しました。
コロンビアのアルヴァロ・ウリベ大統領:「士官が上司に誤りを告白したとき、ヘリコプターが着陸してたときに若干のゲリラを見て非常に神経質になった、彼は自分の命を気づかって、ポケットに入れて持ち運ぶ国際赤十字委員会のシンボルであるロゴの入った布きれをポケットから取り出して防弾チョッキにつけたと彼は言った。これが生じたのをわれわれは残念に思う。」
赤十字のシンボルマークの誤用は戦争規則違反とみなされます。それは救出任務を取り巻く2つ目の論議でした。人質の解放でFARCの指導者らに2000万ドルが支払われたとの先の報道をコロンビア当局は否定しています。
(以上、デモクラシーナウ!7月17日ヘッドライン)

◇マレーシアのアンワルが保釈で解放される
十分な証拠のない申し立てのソドミー(同性間の性行為・異性間の異常性行為)と関連して逮捕された後、マレーシア警察は野党指導者アンワル・イブラヒムを保釈で放免している。
供述をする予定であったちょうど数時間前に、彼は十分な証拠のない申し立てに関する疑いを留保された。
まだ容疑をかけられたままの元副首相は、彼の信用を傷つけるため、十分な証拠のない申し立てを画策したとして政府を非難している。
「彼らには私を非難する論拠がない」と釈放後アンワル氏は記者らに語った。
2週間前、元補佐官の男性がソドミーの罪で彼を告発して以降、60歳のアンワルはずっと警察を寄せつけない緊迫状態にあった。
同意した大人同士のあいだでもマレーシアではソドミーは犯罪で、イスラム教徒が多数派の国では20年の実刑で罰すべきものである。
彼の逮捕は、2008年3月の総選挙における野党の空前の躍進以降、持ち上がってきている政治的緊迫を悪化させると思われる。
・激しい圧力
警察本部外の記者らと話す元弁護士は、彼が建物を出ていると言った。
「彼は裏口から妻のクルマで立ち去った」と Sivarasa Rasiahは言った。
アンワル氏の逮捕はマレーシアの野党グループから挑発的とみなされているとクアラルンプールのBBCの特派員ロビン・ブラントは伝える。
10年前、彼が同じ罪で逮捕されたとき、彼の支持者たちは大規模なデモを行った。
彼らは今回も同じことをすると約束していたが、今のところ、大きな抗議は行われていないと特派員は伝える。
支持を示せとの野党の呼びかけにもかかわらず、警察本部の外に集まったのはほんの一握りの支持者だけだった。
アンワル氏は警察に対し供述しているがDNAサンプルの提供を拒否しているのを、弁護士の発言としてAFP通信が引用した。
保釈の事情では、彼は8月18日に警察に出頭する必要がある。
確たる証拠のない申し立ては、総選挙でのめざましい躍進後、政府を転覆するための彼の骨折りをなんとか挫折させようとの、いわば陰謀の一部であるとアンワル氏は言っている。
政府離脱者の助けを借りて、連立与党に挑戦を起こす立場にあるとアンワル氏が言って、わずか数週間後にソドミーの言いがかりが出た。
アブドラ・バダウィ首相がすでに激しい圧力の下にあるとき、あわれな選挙結果と燃料価格の高騰から辞任せよと野党指導者は要求した。
アブドラ氏は今年12月に辞職せよとの圧力を無視して、2010年に政権を離れるつもりだと言っている。
(BBC NEWS 17 July 2008)

写真は、2008年7月16日、プラカードを掲げるアンワルの支持者

0 Comments:

Post a Comment

<< Home