見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

November 09, 2008

バルセロナに巨人オバマ


◇民主党の大統領候補指名受諾演説のため、コロラド州デンバーに建設された大がかりなステージのように、バラク・オバマはその特大サイズのアイディアのせいで時々からかわれる。だが、スペイン・バルセロナのアーティストはたぶん今までになくよくなりそうなアーティストなのかもしれない。

アメリカの選挙の前に、およそ1ヘクタールほどのバルセロナの海岸沿いの地を覆いつくす、砂利と砂で彫刻的に作られる巨大なオバマの顔をアーティストは創造しようと計画する。

「作品のサイズはその価値に本来そなわっている」とアーティスト、ホルヘ・ロドリゲス・ジェラーダは言った。

グーグルアースで見て十分わかる大きさでありたいと彼は望む。

「オバマの個性、すなわち彼の若さと個人の履歴(物語)と新しい政治というメッセージは、その人物を実物より大きく作る歴史に残る瞬間と融合してきている」と、「期待」と題される作品に関するアーティストの説明書きにある。

「巨大サイズはまたこの選挙のグローバルなインパクトをそれとなく言ってもいる」んだと説明書きは付け加える。

42歳のロドリゲス・ジェラーダは、ニューヨークに近いニュージャージー州ノースプレインフィールドで成長したキューバ生まれのアメリカ人で、今はバルセロナに住んでいる。

長いこと大判のスケッチと他のデザインに集中しているアーティストは、バルセロナの地中海の海岸沿いの地に無名の顔を置くことをずっと計画してきていたが、そのアイディアを棚上げしたと言った。そうして6週間前にオバマの顔であるべきだと決意した。

「誰もがオバマで興奮している」と彼は言った。「この選挙の重要性について国際的に妻と話していた。すべてがしっくりいった。」

アーティストは異なるオバマの写真から「進路を指示するイメージ」と彼が呼ぶものを創ってきており、肩越しに左を見るオバマ候補の顔がそれだ。

バルセロナのダウンタウンに近い、地中海を見渡す、わずかに盛り上がった平地にイメージを創るのに、彼は材料、すなわち、主に砂利だが砂とできるだけ黒と茶と白のトーンの土、500トンを使うつもりでいる。

この計画のために市が土地の使用を一時的に認めてきていると、アーティストとバルセロナ新聞は述べる。

オバマの顔の肖像はタテ139.28メートル×ヨコ82.67メートルになる。

ブルドーザーとその運転手といっしょに、材料が寄付されてきている。最初はブルドーザーのクルーたちが材料を白い線に沿って広げていき、他の印をつける人たちがスケッチにしたがってレイアウトしていく。

そうして、アーティストのテクニカルチームが材料に最後の仕上げをほどこすため庭用の熊手を持ったヴォランティアに指示を与え、オバマの目や髪の毛、頬、襟などを描写するために地面に様々なカラーが適切に展開するのを確実にする。

ヴォランティアの熊手や手袋、文書化やクルーの簡易トイレといったものまで、他の経費に約1万8700ドル(1万5000ユーロ)集める必要があるとロドリゲス・ジェラーダは言った。

「スケールと複雑さで、これまでで最大の仕事」だと彼は言った。

最近、スペインで海外民主党員に加わるまで、彼は自称無党派。だが、この計画はどんな政治団体や選挙運動からの助けもなく、彼単独のもので、報酬は支払われないと付け加えた。

ロドリゲス・ジェラーダは、この計画は「世界の問題に共感を持つヒーローをなんとかして見つけよう」という問題に取り組むことを目指すとも言った。「私たちは実際にバラク・オバマから共感が必要だ。将来のために決定的なことをする必要がある。」

全部天然カラーからなるオバマの巨大な顔は環境にやさしいことになる、つまり素材はリサイクル可能だとアーティストは言った。

この顔がいつまでバルセロナの同じ場所にとどまるか、ロドリゲス・ジェラーダにあてはない。というのも、この場所が市の新しいビルに使われる候補地となっているからだ。

だが、その顔が永久的でなくとも、オバマの特大サイズの芸術的なイメージの始まりであるかもしれない。

(CNN.com 25 October 2008)

写真はアーティスト本人と背後にあるのは海岸のオバマとは別の作品
「期待」という巨大なオバマの顔のイメージはグーグルアースで見つけてください。全体に黒く見えます。ブッシュのお仲間、イタリアのベルルスコーニ首相がにやつきながらオバマのことを若くてハンサムで「日焼けしている」と形容したが、軽薄なベルルスコーニがバルセロナの海岸の巨大な顔を想定して言ったとは思えない。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home