見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

November 01, 2008

投票機故障が有権者を追い返す


◇電子投票機をめぐる訴訟で法廷はペンシルバニアの有権者の権利を支持

選挙のニュースでは、欠陥のある電子投票機に対する保障規約でペンシルバニア州の有権者権利活動家たちが法廷闘争で大勝利を勝ち取ってきています。連邦判事は、州のどの投票所であれ半分以上の電子投票機が実行できなくなる場合は、緊急の紙の投票用紙を提供することを州の選管職員に命じました。ペンシルバニアの州務長官がすべての電子投票機が故障する場合にだけ緊急の紙の投票用紙を提供するよう郡に命じた後、この訴訟が起こされました。ハーヴェイ・バートル判事は彼の判決で、「かなりの数の投票機が誤作動する、現実の脅威」と判断したと言いました。原告にはフィラデルフィア公共の利益法律センターと有権者アクション、NAACPが含まれます。デモクラシーナウ!は訴訟が起こされた翌日に有権者アクションのジョン・ボニファズにインタヴューしました。
ジョン・ボニファズ:この訴訟は、投票日にペンシルバニアの投票所に現れたとき人々が保護されるのを確実にすることにすっかり従事します。正確に票を数えるとしながらも、数えられることができるのか否かを取り巻く問題に加えて、投票日に機能しないこと、故障することで、これらの電子投票機には長い記録があるというのが陳述の事実です。だが、この場合、私たちは長い列ができるという情況に対処してきています。それに併合される高い有権者動員で、私たちは投票権に悪い影響を与える潜在する申し分のない嵐に遭遇します。投票機が故障すると、長い列を引き起こして、人々を立ち去らせます。」
他の州が投票機に対する保護規約でのペンシルバニアの手本の後に続くことを今は期待するとボニファズは言います。

◇イスラエル海軍のガザ封鎖を活動家たちが突破

イスラエルと占領された自治区では、この2カ月で3度目のイスラエル海軍の封鎖を破ろうと努める船がガザに到着しています。ノーベル平和賞受賞者、北アイルランドのマイレッド・マグワイアが、27人の船客のなかにいます。
マイレッド・マグワイア:「世界中の人びとがガザに関心を持つというのがメッセージです。ここガザで起こっていることに私たちは関係しています、そしてガザの封鎖が取り除かれてガザ占領が終焉し平和になるのを私たちは期待します。」
漁船を改良した「フリーガザ(ガザ解放)」2隻の初航海は8月ガザに到着しました。

◇米国の対キューバ禁輸を終わらせることで国連が可決

17年引き続く米国のキューバ禁輸措置を解くため、国連総会は投票して決してきています。反対したイスラエルとパラオだけが米国に加わっただけで票決の結果は賛成185国でした。票決前にロナルド・ゴダード米国代表は禁輸措置は持続すると言いました。
ロナルド・ゴダード:「自由に国家間の取り決めに義務を負うことでふさわしい実体とみなしながらも、国連の各加盟国には他国との通商を行うための一国の主権がある。」
キューバを罰しようと努めて米国は孤立すると言うことでキューバ外相フェリペ・ペレズ・ロークは応じました。
キューバ外相フェリペ・ペレズ・ローク:「この部屋にいる米国の代表は底知れない恥ずかしさを感じるべきだと、私は皆様方に言わなければなりません。最も深遠で完全なる孤立のなかであなたはひとりなのだと。全世界が私たちの小さな反抗的な島に賛成します。そしてあなた方紳士にこのことをはっきりさせたいと思います、私たちは反北米ではありません、私たちは反帝国主義者です。」

◇集団埋葬所を発見後コロンビアが軍の士官らを解雇

コロンビアでは、政府が罪のない一般市民の殺しに関与した24人以上の士官と兵士を解雇してきているとアルバロ・ウリベ大統領は言います。最近、犠牲者の遺体が集団埋葬所で発見されました。政府は軍の悪弊を抑制するとウリベは言いました。
コロンビアのアルバロ・ウリベ大統領:「監視されなければならない、そしてこれがある人々を犯罪にのめり込ませる機会を与えてきている、怠慢で手続きに従うことで配慮に欠けていた軍の場合、犯罪は法律違反者と軍人とのあいだで徒党を組むことに起因する。」
人権団体ヒューマンライツウォッチは最近、ウリベの盟友(同盟国)と右翼の死の部隊とのつながりについて幾つかの徹底的調査を妨害しようとしたことでウリベを非難しました。ウリベは取り調べ法廷の権限の大部分を巻き上げようと企ててきています。

(以上、デモクラシーナウ!2008年10月30日ヘッドライン)

写真はアメリカのヒューストンにある日突然現れたバンクシーのグラフィティです。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home