見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

December 14, 2008

腐ったリンゴはブッシュ&カンパニー



◇米上院軍事委員会、グアンタナモや外国の収容所における拷問でラムズフェルトとブッシュ政権をとがめる

超党派の上院報告書が、外国の収容所にいる米国の囚人の虐待と拷問に直接責任があるとして、当時のドナルド・ラムズフェルド国防長官と他のブッシュ政権の首脳を非難してきています。「拘留中の米国の捕虜の虐待は、単に”少数の腐ったリンゴ”が独力で行った行為であるとすることはできない。アメリカ政府の上級職員が好戦的なテクニックの使い方に関する情報を熱心に説き誘った、そして適法らしく見せかけるため法律を再定義して、捕虜に対して使うのを認可した、というのが事実である。」上院軍事委員会の民主党上院議員カール・レヴィンと共和党のジョン・マケインが、ほぼ2年の上院調査に基づく報告書を発表しました。

◇イラクの自爆攻撃で57人が死んだ

イラクでは、北部キルクークの町の近くの自爆攻撃で少なくとも57人が殺されてきています。爆撃は、クルド人とスンニ派グループが人種の緊張の緩和を討議するため会合を行っていた満員のレストランを襲いました。他に100人が負傷しました。イラクに打撃を与えた6カ月の攻撃で最悪のものでした。

◇アメリカの襲撃でパキスタンで6人が殺された

パキスタンでは、アフガンとの国境近くの最新の米軍の空爆で少なくとも6人が殺されてきています。犠牲者の身元は不明のままです。ブッシュ政権は8月以降パキスタンで、30回以上のミサイル攻撃を実行してきています。

◇アフリカ系アメリカ人を引きずって殺したと白人容疑者が告訴される

テキサスでは、パリスの町で二人の白人男性が9月アフリカ系アメリカ人男性の死因となる引きずったかどで告発されてきています。24歳のブランドン・マクルーランドの死体はバラバラに切断され部分的に手足をもぎ取られたとわかりました。二人の容疑者は彼をピックアップトラックで轢き、クルマの下の彼を引きずったかどで告訴されます。

◇明らかに憎悪犯罪のあとで、エクアドル人移民が生命維持装置に頼る

一方、ニューヨークでは、明らかに憎悪犯罪のあとでエクアドル人移民が延命処置に頼っています。31歳のホセ・スクザナイは日曜早くに不明の襲撃者らに攻撃されました。野球のバッドで彼を襲撃する前、攻撃者らは反ゲイと反ラテンの中傷を繰り返し叫びました。スクザナイは脳死を宣告されてきており、生命維持装置で延命処置されています。

◇メキシコ人出稼ぎ労働者たちが強制奴隷の身分を強く主張する

ルイジアナでは、彼らを奴隷のような境遇に無理に押しやることでメキシコ人出稼ぎ労働者の一団が元雇用主を訴えています。新たな訴訟で労働者たちは、Bimbo’s Best Produceのオーナーが2006年から20008年まで彼らのパスポートを違法に押収していちごの摘み手として働くことを彼らに強要したと言います。出稼ぎ労働者たちは、ニューオーリンズ労働者の人種公正センターの一部である「出稼ぎ労働者威信同盟」のメンバーです。

(以上、デモクラシーナウ!2008年12月12日のヘッドライン)

◇米兵によるイラクやキューバのグアンタナモ米海軍基地の収容施設などでのテロ容疑者に対する虐待行為について、ドナルド・ラムズフェルド前国防長官ら当時の政権首脳に責任があるとする、米上院軍事委員会の超党派議員による報告書が11日、発表された。

報告書は「グアンタナモ収容施設における過酷な尋問手法を、ラムズフェルド前国防長が容認したことが虐待が横行した直接の原因」とした。さらに、グアンタナモでの虐待行為が、アフガニスタンやイラクでの容疑者虐待にも多大な影響を及ぼしたと結論づけている。

報告書によると、ラムズフェルドは、後に撤回しているもののグアンタナモで厳しい尋問を行うことを2002年12月2日に許可したという。

報告書をまとめた上院軍事委員会のカール・レビン委員長は、「当時のブッシュ政権首脳のメッセージは、収容者に対し下劣で虐待的な尋問手法を認めたものであることは明らかだ」と述べ、「政府高官らが、虐待行為の責任を不当に一般兵士に転嫁している」と非難した。

同委員会は、極度の精神的苦痛を加える、服を脱がせる、睡眠を奪う、水責めなど論議の的となってきたテロ容疑者に対する尋問と国防省の関与を、2年半を費やして調査してきた。

報告書は、こうした強圧的な手法が、人命を救うべき正確な情報の収集能力を阻害し、敵を有利に導いた上、ひいては米軍の道徳的権威をおとしめたと批判している。

報告書は、ジョージ・W・ブッシュ大統領が2002年2月7日、国際テロ組織アルカイダとイスラム原理主義組織タリバンの容疑者については、捕虜への人道的扱いを定めた「ジュネーブ条約」は適用されないとする覚え書きに署名したことが、強圧的な尋問手法がはびこるきっかけとなったとしている。

テロ容疑者に対する尋問手法を協議する会合には、コンドリーザ・ライス国務長官も、同年の春頃まで参加していたという。

同報告書は、内容の多くが極秘扱いとなっている。

(AFP通信 2008年12月12日)

写真は、金曜早くにアメリカ北東部をアイスストーム(着氷性悪天候)が襲った後、数十万人が供給電力なしの状態に放置された。木々や電線が凍りついてる様子です。こう言っちゃなんですが、電線がクリスマスしてるみたいできれい!
BBC NEWS 14 December 2008

0 Comments:

Post a Comment

<< Home