見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

February 02, 2010

92日間のターミナル



彼はあれからずっと売店もレストランもシャワールームもない成田の国際線到着コンコースで暮らしてた!

◇馮正虎氏:帰国へ 上海の人権活動家
中国政府に帰国を拒否され、抗議の意思を示すため昨年11月から成田空港の制限エリアに滞在していた上海の人権活動家、馮正虎(ひょう・せいこ) 氏(55)は2日、同空港内で記者会見し、帰国が認められる見通しになったことを明らかにした。空港での生活を3日で打ち切って日本にいったん入国し、今月中旬の春節(旧正月)までに帰国するという。

◇「食べ物豊富、離れがたい」
3カ月の成田滞在を振り返り「ここには食べ物がたくさんある。離れるのが惜しいくらいだ」と話した。
馮氏は改めて近く帰国する意思を表明し、空港会社や入国管理局に一連の騒動を謝罪。空港での生活を支えた支援者に感謝の意を示した。
一方で「早く風呂に入りたい。もう90日も入っていない」と長すぎる非日常の疲れもうかがわせた。
(以上、毎日新聞 2010年2月3日)

◇中国、92日ぶり帰国許可
日本への入国を決意した理由について、馮氏は空港内で中国大使館の関係者と話し合い、中国への帰国が許可されたためと説明。「旧正月の14日までに中国に帰る準備をする」と述べた。一方で「帰国は政府が許可することではない」と中国側の対応を批判した。
帰国後の人権活動については「憲法に違反するようなことはしていない」と継続を表明。5月に始まる上海万博にも参加したいと言い「大使館の人には、私の態度を見て万博に参加できるか決めると言われたが、問題ない」と語った。
馮氏は成田から中国への帰国を試みたが、昨年11月4日に強制的に成田へ送り返され、空港内の制限エリアで抗議活動を続けていた。滞在は今月3日で92日間になる。
(東京新聞 2010年2月3日)

◇「ツイッター」で、空港での生活の様子を毎日報告。欧米や中国、香港などの旅行客から、缶詰やビスケットなどの食料品や寝袋、着替え、電気ポットなどの生活物資が続々と寄せられた。
(朝日新聞 2010年2月3日)

▲2009年12月6日にCNNの詳しい記事を投稿
http://tequilamama.blogspot.com/2009_12_01_archive.html

0 Comments:

Post a Comment

<< Home