見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

August 05, 2010

感謝に値するwhistleblower



今朝、届いたメール...

Dear vamos ,

私は、イラクでの2つの恐ろしくて長たらしい任務期間を耐え抜いたイラク退役軍人の母です。私は今まさに、Wikileaksにビデオと文書を手渡した容疑をかけられる22歳の情報分析官、ブラッドリー・マニング兵卒を擁護する手紙を書いてきています。マニングは現在、ヴァージニア州クワンチコ基地で審議前の監禁状態にあり、数十年の投獄、もしもマイク ・ロジャーズ下院議員が思い通りにするならば、死刑に直面します。私はこの勇気ある青年に手紙を書くようにあなたがたを励ますと同時に、日曜日、ワシントンDCに近いクワンチコ基地での集会の間にCODEPINKがどうしても彼に手紙を届けるつもりです。手紙の配達をゆだねるには、どうか私たちにEメールしてください、お願いします!

ひどい悲嘆の真っ最中に私の家族は耐え抜いてきていると同時に、私は亡くなってきているアフガン人とイラク人に悲哀を感じます、戦地の何者かが、この戦争について説得力のある恐ろしい真相を明るみに出させるのに必要なだけ勇敢だったことに私は感謝しています。

リークに寄与する連中は人の死に対し責任があるとマレン総司令官は言っていました。けれども、誰もとても、ブッシュ/チェイニー体制と今のオバマ政権より人の死に対しーー私たちの兵の生命、彼らの家族の涙、この不道徳な戦争で殺され不具にされる罪のない人々の受け継いだものに対しーー責任があるはずがありません。

これらWikileaksで明らかにされる非常な恐怖、この戦争は正しいだの、私たちの国を破綻させるに値するだの、さらに殺すことで平和を成し遂げることができるだのと、私たちに確信させるのは政治家にはとても楽ではないでしょう。ビデオと文書から持ち上がっている全米的な論議が、私たちの軍隊が帰還する日を早めることを私は願います。その点では、通報者は私たちの最も深遠なる感謝を受けるに足ります。

シンシア・ベンジャミン "CODEPINK"、"ものを言う軍人の家族(Military Families Speak Out)"のメンバー
5 August 2010

http://www.codepinkalert.org/

0 Comments:

Post a Comment

<< Home