見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

October 15, 2010

悪党ツラのブッシュより悪い



◇暴露:1940年代米国の医師らがひそかに多数のグアテマラ人に梅毒を感染させる

最近掘り出された文書が、およそ700人のグアテマラ人兵士、囚人、売春婦、精神病患者が、いわばペニシリン効果に打ち込む研究の一端で、梅毒に感染させられたことを示します。患者がこれまで病気の治療をされたのかも処置を施されたのかどうかも不明です。研究結果があばかれて数時間のちに、オバマ大統領はグアテマラのÁlvaro Colom大統領に謝罪しました。グアテマラの大統領は実験を"人道に対する犯罪"と呼びました。

Listen/Watch/Read
http://www.democracynow.org/2010/10/5/exposed_us_doctors_secretly_infected_hundreds

◇テネシーの消防署が75ドルの未払い料金によって家を燃え落ちるにまかせる

先週テネシー州で、ほど近い町からの火災援護のため自宅所有者が75ドルを支払うのを怠っていたという理由で、地元消防署が家の火事を消すのを拒否しました。消防士は火災現場に現れるとジーン・クラニックの家が燃え尽きるのを見守りました。クラニックの隣近所は75ドルの料金を支払済みでしたので、炎が所有地ラインを越えて広がると消防士らは仕事にとりかかりましたが、結局、隣人の所有物を救うだけでした。地元の市長は消防士のふるまいを擁護しました。 サウスフルトンの市長デイヴィッド・クロッカーは「サウスフルトンの全市民ではないだれにでも、それは我々が提供するサービスなのだ。彼らがそれを受け入れようが受け入れまいが。」と言いました。 月曜、ジーン・クラニックがキース・オルバーマンといっしょに番組「カウントダウン」に出演しました。
ジーン・クラニック:「私たちが所有した何でもかでもが火事でなくなりました。私の孫たちのものだった犬3匹と猫1匹も火事で失いました。しかも、彼らが水をかけていたなら救い出せていました。けれども彼らはそうしなかった、だからまさに損害なんです。」
キース・オルバーマン:「あなたたちが911に電話をかけたとき、私が聞き及ぶように、あなたは交換手に消防士が消しにやって来て火事がお宅に広がるのを防ぐのに必要なものは何でも支払ったと言いましたね。彼らの応答はどんなでしたか?」
クラニック:「私たちが彼らのリストになかったと。」

◇ビデオ:イスラエル兵が拘束されたパレスチナ人女性のそばでベリーダンスを踊る

イスラエル軍はYouTubeにアップロードされたビデオを捜索するよう命じてきています、ビデオは明らかに拘束され手錠をかけられたパレスチナ人女性のそばでイスラエル兵がベリーダンスしているのを見せます。ビデオの映像で、あなた方は音楽に合わせて兵士が踊るのとダンスを記録していた仲間の兵士から時折あがる喝采を耳にすることができます。ビデオがいつどこで撮影されたかはまだわかりません。週末にかけてYouTubeにアップロードされ、昨夜イスラエルのTVで放送されました。

◇イスラエルはノーベル賞受賞者Mairead Maguireを国外追放する

ベングリオン空港で入国を拒否されて一週間後、イスラエル政府はアイルランド人のノーベル賞受賞者で活動家のMairead Maguireを国外追放しました。十年間この国に入ることを禁ずるイスラエルの決定に抗議したとして、この一週間、Maguireはイスラエルの刑務所で拘束されました。今年早い時期に彼女がガザに達しようと試みる人道支援船に乗ったあとにイスラエルは彼女を禁止状態に置きました。月曜、国外追放の前にMaguireは記者たちに話しかけました。
Mairead Maguire :「私のイスラエル人とパレスチナ人の友人たちと共にイスラエルに滞在するのを裁判所が許してくれるものと私は信じます。」
記者:「どういう理由でここに来たいんですか?」
Maguire:「私はこの国が大好きですし、とてもたくさん苦悩があるのがとても悲しいのが理由です。平和と和睦を求めて努力している人すべてを支えるために私は来ます。この国に平穏が訪れるものと私は信じます、けれども、パレスチナの民衆のアパルトヘイトと民族浄化をイスラエルが終わりにして初めてです。」
仲間のノーベル賞受賞者ジョディー・ウィリアムズがイスラエルにとどまるMairead Maguireの試みを擁護します。
ジョディー・ウィリアムズ:「彼女を締め出そうと試みるイスラエル国家に異議を唱える権利が彼女にはあったとMaireadは信じます。小型艦艇部隊と共にレイチェル・コリー号に乗船したとき、彼女は何も悪事を行ってきているとは思いません。それは公海上で攻撃されたのです。船は牽引されました、彼女はイスラエルに引っ張って行かれました、それから彼女はイスラエルには立ち至れないと彼らは唱えます。そもそも、そこに行き着くことは彼女の意図ではありませんでした。」

◇ソーラーパネルがホワイトハウスに設置される

オバマ政権は今日、ホワイトハウスの宿舎の頂上にソーラーパネルを取りつける段取りを発表すると思われます。パネルは大統領一家向けの水を温めて多少の電力を供給するものです。1970年代、カーター大統領によって使用されたソーラーパネルをホワイトハウスに再び取りつけるという、環境問題専門家Bill McKibbenとユニティー・カレッジの学生による提案をホワイトハウスがしりぞけて一ヶ月後、この動きになります。カーター大統領のパネルは後でレーガン大統領によって降ろされました。

(以上、デモクラシーナウ!ヘッドライン 05 October 2010)

◇報告:ハイチのテント集団の70%がへたに処理され、危険

団体「避難民インターナショナル(Refugees International)」からの最新の報告がハイチの難民キャンプの70%以上がまともな管理を欠いており、暴行と脅喝からなる日常の脅威に直面するとしています。推計130万人の帰るところのないハイチ人が1月の地震のあとに9カ月近くテントで生活します。米国は今年早くにハイチに誓約した初めての援助で11億5000万ドルからまだ1セントも受け渡していません。

◇アメリカ人教授が虐待でベルギー警察を訴える

オランダが本拠地のアメリカ人教授で活動家が、移民の権利を求める最近の抗議に対するいわば取締りの一端で彼女を虐待するとしてベルギーで警察を訴えています。オランダのレイデン大学のMarianne Maeckelbergh博士は、逮捕されたとき、ブリュッセルで" No Border Camp "の写真を撮っていたと言っています。ベルギー警察は、彼女の髪をもって彼女を引きずり、ラジエーターに鎖でつないで、彼女を蹴飛ばしました、そして婦女暴行のおどしはもちろん、言葉による虐待を彼女に受けさせたと言っています。

(以上、デモクラシーナウ!ヘッドライン 08 October 2010)

△写真は、オバマ政権の根拠のあやしいヨーロッパでのテロ計画とやらのせいですっかり警備が強化されたフランスのメトロ構内
パキスタンの大統領に近い上位の外交官は、これは11月の中間選挙の大劣勢をにらみ、オバマ政権がテロ警戒レベルを押し上げてやたら脅威をあおる"ブッシュの手"を使ったと非難している
また、パキスタンでの無人機攻撃など、無差別殺人の必要性を示すねらいもあると

0 Comments:

Post a Comment

<< Home