見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

December 29, 2011

ガン生還者サミット


ラテンアメリカの指導者にガン続発 米国の陰謀か?

写真:ミスター・チャベスとミズ・フェルナンデスは親密な政治的盟友

チャベスは米国のラテンアメリカ・ガン構想について沈思黙想する

ラテンアメリカの左派指導者にガンを生じさせる秘密のテクノロジーを米国が開発したかどうかについて、ベネズエラのウゴ・チャベス大統領が疑っている。

今年、ガンを治療したチャベス氏は、アルゼンチンの大統領が病気になったとのニュースの翌日に意見を述べていた。

パラグアイのフェルナンド・ルーゴ、ブラジルのDilma Rousseffと前任者のルラ大統領もまたガンにかかっていた。

これは「奇怪千万」とチャベス氏は言うが、「性急な非難」を引き起こすというより、もっと適切に言うならば、思わずひとり言を言ったということに彼は重きを置いた。

だが、ラテンアメリカの指導者の間のガンの実例は、「確率の法則によって解き明かすのは難しい」と彼は言う。

「仮にガンを誘発するテクノロジーを彼らが開発しており、それに関して誰も知らなかったとしても、意外だろうか?」とチャベス氏は陸軍基地の兵士に向かってのTV中継された演説で尋ねた。

次は誰だ?

米政府の科学者どもは1940年代にグアテマラの囚人に梅毒やほかの病気を感染させていた、けれども、やっと昨年これが明るみに出たことにチャベス氏は言及した。

また、彼らもガンと診断されるといけないから、ボリビアのモラレス大統領とエクアドルのコレアには特別気をつけて世話をするつもりであると彼はジョークを言った。

57歳のベネズエラの指導者は、彼の転覆さらには彼の殺害を首謀するとしてたびたび米国を非難する。

今年早い時期にキューバで外科手術と化学療法を受けた結果としてガンから解放されたと彼は言う。

彼の病気の詳細は公表されてきていない、そして彼の状態が彼が白状するより悪いかもしれないとの憶測をあおり立てる。

チャベス大統領は、火曜日にアルゼンチンの大統領クリスティーナ・フェルナンデス(Cristina Fernandez de Kirchner)が甲状腺ガンだと発表されたあと、彼女に励ましを申し出る最初のラテンアメリカの指導者だった。

彼は彼女に、「私たちは生き長らえるし、私たちは打ち勝てる! 」と語った。

生還者サミット

咽頭ガンのブラジルの前大統領を治療する医師らは、66歳のルラは化学療法にうまく反応を示していて、完治に十分のはずだと話す。

 一年前にルラから大統領を引き継いだ64歳のDilma Rousseffは、2009年にリンパ腫ガンの治療を受けたのち、完全に回復する。

60歳のパラグアイの大統領フェルナンド・ルーゴは、2010年8月にリンパ腫と診断されるが、化学療法の結果として今は緩和状態にある。

ガンを負かしたラテンアメリカの指導者のサミットを開催しようと、ルラとチャベス氏は兼ねてジョークを言った。

ミズ・フェルナンデスはこのほど、ガン生還者サミットの「名誉会長」にしろと言うつもりだと言う。

(引用元:BBC NEWS)
http://www.bbc.co.uk/news/world-latin-america-16349845

◇南米ベネズエラの反米左派チャベス大統領は12月28日、南米の指導者にガンが相次いで見つかっていることに関連し、「誰も知らないうちに、(米国が)ガンを誘発する技術を開発したとしても、おかしくはない」などと述べ、米国の仕業の可能性があるとの見方を示した。ロイター通信などが伝えた。
チャベス氏は今年6月にガンを告白し、腫瘍摘出手術の後に化学療法を受けた。今年に入ってルラ前ブラジル大統領も咽頭がんで闘病を始めたほか、今月27日にはアルゼンチンのフェルナンデス大統領も甲状腺がんを公表。チャベス氏は「何とも奇妙で、説明がつかない」と陰謀説を展開した。
 
(引用元:時事通信社 2011年12月29日)
http://www.asahi.com/international/jiji/JJT201112290040.html

0 Comments:

Post a Comment

<< Home