見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

December 03, 2011

飼い主の墓から離れない


どことなく、うちのサンバ(イエローラブラドール)に似てるんです
中国の忠犬は片耳が立っています、でも横顔なんてそっくり 胸打たれます

◇伴侶の墓から離れない犬
by ジュリアード音楽院卒、犬の音楽専門家で"Through a Dog’s Ear(犬の耳を通して)"の共同創設者、リサ・スペクター

海軍特殊部隊ネイビーシールズの葬儀に付き添い、棺から離れようとしないアメリカ合衆国の犬について私は書きました。このほど中国で、忠犬が最近埋葬された飼い主の墓から離れないばかりか、食べることも動くことすらしません。どうしても動き始めないため、7日過ぎて地元住民たちは彼を力づくであちらへ追い払うのをやめて、引き続き彼に食べ物と水を持って来ます。もし彼がここにいて嘆き悲しむのを選ぶのであれば、住民たちは墓地のそばに犬小屋を作ってやるつもりです。この感動させるビデオをご覧になってください。私はこれを最初にLifeWithDogs.tvで見ました。

このビデオはYoutubeでご覧になれます
http://www.care2.com/greenliving/dog-lies-at-grave-of-his-deceased-person.html#ixzz1fXeeFaiT

0 Comments:

Post a Comment

<< Home