見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

November 18, 2011

UNHATE


写真は、ローマ法王ベネディクト16世(左)とエジプトのイスラム教スンニ派指導者タイーブ師がキスをするベネトンの広告(ロイター)

オリビエロ・トスカーニが手がけたこれまでのベネトンの広告写真が好きだった
エイズ患者の家族との"最期のとき"しかり、ボスニアの兵士の血にまみれた戦闘服しかり、人に訴えかける"こころ=美しさ"があった
今回の合成写真「UNHATE」シリーズは、美しくないうえに、逆に人のこころに憎悪の感情を生ませるキスといっていい
ネタニヤフ首相とアッバス議長のキスは、上からの豪腕に堪え忍ぶ無力なアッバスの構図になっていて、まるでHATEという毒を盛られるキスのように見える
韓国と北朝鮮のトップのも、オバマと胡錦涛のも、毒を盛るUNキスだ
握手やあらゆる類の接触が、そもそも人間の強欲から生まれた謎のウイルスを媒介するのと同じイメージなのかもしれない

次はグリンピースジャパンの二回目の冬のお魚放射能調査結果報告

◇放射能測定室 シルベク 食品放射能調査 2011年11月17日


第2回目:冬のお魚調査(スーパーマーケットで売られている魚介類の放射線値検査)

前回の調査に引き続き、大手スーパーマーケット5社で調査を行ったところ、政府が定めた暫定規制値は超えないものの、放射能汚染された商品が広く販売されていたことを確認しました。
前回の調査ではブリやカツオ、今回の調査ではマダラやメバチマグロなど、大型魚からの放射性物質の検出が目立ちます。
また、缶詰(サバの水煮)からも、放射性物質が検出されました。

調査結果:

一般に販売されている魚介類に放射能汚染された商品が幅広く混入していることを確認。 (対象5社すべてのスーパーマーケットで放射能汚染された魚介類商品を確認。全75サンプル中27サンプルから放射性物質を検出)

冬の鍋に欠かせないマダラや、年末年始に多く消費されるメバチマグロなど、季節の魚で広く流通されているものから汚染が確認された。

商品の外見や表示(ラベルなど)からは汚染度合いを見分けることができず、消費者が知らないうちに汚染された魚介類を口にしている可能性が高い。

汚染度合いが最も高かったのはユニーで購入したマダラ(北海道産)で47.3Bq/kg(セシウム134,137)。

缶詰:サバの水煮から、放射性物質を検出(国産)。

表示義務がないため、原料の汚染度合いはおろか、サバの種類も、どこの海域でいつ獲られた魚なのかも、購入時に把握することができない。

マダラ:7サンプル中5サンプルから放射性物質を検出(岩手県、宮城県、北海道産)。
メバチマグロ:5サンプル中すべてから放射性物質を検出(宮城県産)。
カツオ:5サンプル中すべてから放射性物質を検出(宮城県産)。

http://www.greenpeace.org/japan/monitoring/fss2/?gv20111117

0 Comments:

Post a Comment

<< Home