見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

February 09, 2012

放射能 安全神話


横浜市立小中学校では、「今も昔も私たちは放射線のある中で暮らす」と子どもに教え、子どもたちは「放射能は役に立つ」、「安全」と感じている

◇東京電力福島第一原発の事故を受け、横浜市立の小中学校で放射線の基礎知識についての授業が始まった。内容は放射線の性質や活用法についての説明が中心で、保護者からは「放射線は怖くないと子どもが思い込んでしまう」との不安の声も上がっている。

「私たちは今も昔も放射線がある中で暮らしています」。スイセンから放射線が出ていることを示す写真とともに、教材はこんな文言で放射線を説明する。
 
この教材は、文部科学省が昨年10月に公表した「放射線等に関する副読本」を横浜市教育委員会が要約し、A3判のプリントにしたもの。市教委は昨年12月に教員向けの研修会を開き、年度内に授業をするよう求めた。小学校低学年で30分程度、中学校では100分程度の授業が始まっている。

緑区の小学2年の児童の保護者は授業後、「放射能は役に立つ」という感想が多かったと聞いて不安になった。「子どもはスイセンや、X線の例など目新しい知識に注意を引かれ、『大丈夫、安全』という印象を持ってしまう」と心配する。

「事故前と今で身の回りの放射線量がどう変わったのかなど、今起きていることを教えて欲しい」

手探りで教える教員側にも戸惑いが広がる。旭区の中学校教諭は「原発事故で多くの人が苦しんでいるのに、『安心神話』を振りまく授業になりはしないか」。鶴見区の小学校教諭は、「給食の汚染を心配して弁当を持参する子に対し、『心配しすぎ』という意見が出ないか」と懸念する。

△横浜市教委が作成した教材の抜粋
・放射線は、太陽や蛍光灯から出ている光のようなものです。

・目に見えていなくても、私たちは、今も昔も放射線がある中で暮らしています。

・自然にある放射線や病院のX線撮影などによって受ける放射線の量で健康的な暮らしができなくなるようなことを心配する必要はありません。

・一度に100ミリシーベルト以下の放射線を人体が受けた場合、放射線だけを原因としてがんなどの病気になったという明確な証拠はありません。
・事故が収まってくれば、それまでの対策を取り続けなくてもよくなります。

(引用元:朝日新聞 2012年2月10日)
http://www.asahi.com/edu/news/TKY201202100321.html

写真はシリア、ホムスの猛攻撃(BBC NEWS)
http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-16976889
オバマ大統領は "とんでもない流血"と、シリアの都市ホムスでの反乱の粉砕を目的とした継続的な猛攻撃を非難している。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home