見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

February 16, 2012

わたしたちみんなサルだって


「原発反対は人間がサルに戻る事です」
東京都原発投票署名が集まったことについて聞かれ、石原都知事の発言です(2月10日の会見より引用)

これはね、だからね
原爆もそうなの原発も
原爆のね トラウマがあるからね
なんかみんなね その一種のセンチメントで 恐怖感で言うけどね

あなた言うんだかどうか知らないけど、こんなのは吉本隆明の人までがね
とにかくね、「原発に反対するのはサルと同じだ」と

人間の進歩っていうのはね
この近代精神っていうのは、
とにかく 人間はね、技術を開発することで進歩してきたと

それを容認するのがね 歴史の原理だという事を言っててね
その原発をとにかく反対って言う人は
代案も出さずに言っているから センチメントで言ってるから
これは結局人間の進歩というのを認めない
ま、人間がサルに戻る事です

◇原発住民投票条例「作れるわけがないし作るつもりない」石原都知事

東京で、原発の稼働の是非を問う住民投票を行うための条例案が、都議会に提出されるのに必要な数の署名が集まる見通しになったことについて、東京都の石原知事は「条例を作るつもりはない」と述べ、住民投票の実施に否定的な考えを示しました。

原発の稼働の是非を問う住民投票を求めている市民グループは、東京と大阪で署名活動を行い、このうち東京では、住民投票を行うための条例案を都議会に提出するのに必要な数の署名が集まる見通しになりました。

これらの署名が選挙管理委員会で有効と確認されれば、石原知事が意見を付けて条例案を都議会に提出し、早ければことし5月にも都議会で条例案の採決が行われる見通しです。

これについて石原知事は、10日の記者会見で「手続きを進めたらいい。そんな条例は作れるわけないし、作るつもりはない」と述べ、条例案に否定的な考えを明らかにしました。

(引用元:NHK 2012年2月10日)

◇私たちはサルではないと伝えましょう!

東京都と大阪市の活動をさらに推し進め、政治家たちに野蛮な侮辱で民主主義を封じることなどできないのだと伝えましょう。日本のエネルギーの未来に関する国民投票を求める嘆願書に署名を、そしてこのメールをできるだけ多くの人に転送してください。

http://www.avaaz.org/jp/we_are_not_monkeys/

0 Comments:

Post a Comment

<< Home