見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

March 01, 2013

イスラエルの"囚人X"

イスラエルのスパイ機関モサド関係者でイスラエルとオーストラリアの二重国籍を持つ男がイスラエルの最も厳重な刑務所内で死亡していたことが国際的なスキャンダルに発展している。2012年、彼が死亡して以降2年以上にも及びイスラエル政府は厳重なかん口令を敷いてきたが、その秘密が徐々にもれ始めている。イスラエルは彼の死を自殺と発表。だが、オーストラリア放送協会(ABC)が彼の名を「ベン・ジギエル(Ben Zygier)」と暴露したことで、新たな情報が出てくると見られる。
(デモクラシーナウ!より引用)

◇囚人Xはドバイでのモサドの作戦、ハマス情報部員殺害に関係か?
RT 14 February 2013
http://rt.com/news/prisoner-x-new-details-223/
◇イスラエルの"囚人X"は二重スパイの可能性がある
NPR  by Krishnadev Calamur 18 February 2013
オーストラリアのメディアがなんとその男を、外見上の自殺死体で発見されるまでイスラエルの刑務所で何ヶ月も無気力感におそわれたベン・ジギエルだと身元を確認する記事を公表した。今度は私たちがこの事件に新しい記事を示す。

オーストラリア放送協会(ABC)がニュースを報道してきている。さあこれがその記事:

「モサドのスパイを疑われるベン・ジギエルは、イスラエル人と手掛けるあらゆる側面についてオーストラリアの対内諜報機関に漏らしたのは確かだとイスラエル情報機関が思ったのちに彼自身のスパイ組織のリーダーによって逮捕されたと情報源は言う。」

「ジギエルはオーストラリアでASIOA(オーストラリア保安情報組織)の役人と会い、幾らかモサドの作戦について包括的詳細を伝えたと、ABCの外国特派員番組は理解する。それには何年も用意されてきていたイタリアでの最高機密の特殊任務のための計画が含まれる。」

「接触を手ほどきした人物は不明。」

 「2010年の死より何年も前に彼はオーストラリアに4回帰国していたと情報源はABCに漏らした、またAlonやAllen、Burrowesの名字を用いたジギエル氏は、イタリアに就労ビザを申請した。」

ジギエルは2010年に逮捕されたと思われ、イスラエルの警戒の最も厳しいAyalon刑務所に拘留された。彼はその10カ月後に自殺したらしい。

NPRのラリー・アブラムソン(Larry Abramson)がAll Things Consideredのホスト、ロバート・シーゲル(Robert Siegel)と先週、真相について論じた。さあこれが彼が言ったこと:

「彼はベン・ジギエル。およそ18歳でイスラエルに移住したオーストラリア系ユダヤ人。彼は軍隊に入り、それからモサドと合流する。そしてもちろん、彼がモサドで何の役に立っているかは全く知らない、全く秘密なので。彼はイスラエルの有名なAyalon刑務所に拘留され、明らかに相当重大な罪状に直面した。」

「彼は他人の名を騙って拘留された、それはイスラエルでは前例のないことではないが、まれなこと。しかもどうやら彼自身の承諾があったらしい、ある程度は彼の家族を守るため。彼は自殺防止を意味する特別に設計された独房にいた、だが、2010年に自分の首をつるすのを何とかやってのける。イスラエルでこれが起こっているのを少数は知るのだが、裁判所のかん口令のおかげで、今週まで大部分のイスラエル人がこれについて何も知らなかった。」
http://npr.org/blogs/thetwo-way/2013/02/18/172339838/israels-prisoner-x-may-have-passed-state-secrets?ft=1&f=1001&sc=tw&utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

△記事の全文はメールマガジン"NewsFanzine"で配信中
まもなく右のリンクにある"NewsFanzine"のページに更新する予定

0 Comments:

Post a Comment

<< Home