見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

October 24, 2013

ゴリアテ 激しい嫌悪

◇新たなイスラエル人の人種差別:聖地のアフリカ人入植者迫害
THE Nation. 21 October 2013
by David Sheen and Max Blumenthal

2006年以降、およそ6万人のアフリカ人入植者がイスラエルに到着しており、故国の不穏を逃れる。しかし、その入植者らはうわべは民主主義国家に着くと同時に激しい迫害に直面し、右翼の政治家と活動家によって「侵入者」の烙印を押されてきている。

http://www.thenation.com/video/176762/israels-new-racism-persecution-african-migrants-holy-land#
△画像はマックス・ブルメンタールの著書(01 October 2013 発売)
「Goliath Life and Loathing in Greater Israel 」
ゴリアテとは巨人のこと、大イスラエルの人生と嫌悪

◇全世界にわたる調査で見いだすイスラエルの多数の奴隷
問題が持続する以外はユダヤ人国家が比較的裕福に暮らすことを地球上の奴隷指標が見いだす
By Lazar Berman October 20, 2013

全世界にわたる奴隷身分の新しい包括的調査によると、イスラエルには8500人の奴隷がいる。オーストラリア・ウォークフリー財団が最近発表した「Global Slavery Index 2013」において、イスラエルが162の奴隷保有国のうち111番目に位置する。モーリタニアには最も深刻な奴隷制度問題があるとわかった。

その種の調査では前例のない国ごとの奴隷調査によると、イスラエルには7700人から8500人の奴隷がいる。それでも中東の低い基準に関して上位に占める、もっともレバノン、チュニジア、エジプトはユダヤ人国家よりよく評価されるが。

パレスチナ自治政府とハマス支配のガザ地区は実地調査の範囲に入らない。

イスラエルは奴隷状態の危険率の研究調査でかなりの中に入った。調査は、奴隷制度、人権、人間と経済の発展、政情安定、そして女性の権利と戦う国よって採用される政策を限定するために5つの要因を評価した。イスラエルは奴隷制度の危険率で低い順位を享受する中東で唯一の国だったが、それでもヨーロッパの国々よりずいぶんお粗末な評価だった。

調査は、「ヨルダン、サウジアラビア、イスラエル、アラブ首長国連邦、クウェートの人口の40~90%を外国人労働者が構成する」と主張した。しかしながら、イスラエルにいる外国人労働者は全人口800万の中から30万人だ。ウォークフリー財団は公表の時までに明快な説明に達することができなかった。

イスラエルの傾向はセックス業とそれに付属している人身売買によって駆りたてられる。イスラエルには1万5000人の売春婦がいると人身売買に関するATZUMタスクフォースのレベッカ・ヒューズがイスラエル・タイムズ紙に書いた、そして平均年齢14歳で売春業に入ると。
1990年代までにイスラエルは不正な売買の目的地として不動のものとなっていた、そして国際的なセックス売買の犠牲者が地元の市場に取って代わった」とヒューズは書いている。「イスラエルの人身売買は急激に発展しており、1年につき10億ドルの半分から四分の三を儲けています。性的サービスがイスラエルでは合法だった(今も合法)ので、売人にとって著しく望ましい市場でした。」

「移住労働者のためのホットラインによると、1990年代を通して売人は罰を受けずに実施し、毎年3000人の女性をイスラエルに密入国させました」と彼女は付け足した。

悪化する状況が、パーソンズ報告においてアメリカ国務省がイスラエルを最も低い評価の段階3の国とすることにつながった。段階3の国は経済制裁の可能性に直面した。報告はイスラエル政府を目覚めさせる呼びかけだった、イスラエル政府が包括的な反人身売買法を可決すると、段階1の国に格上げされた。

指標によると、世界のあちこちで3000万人近くの人々が奴隷の身分に追い込まれる。

調査は、奴隷制度に「使用や管理や収益、移動または思い通りにできることからその人を搾取する目的で、たとえばその人の個々の自由を意図的に奪うといった方法での人の所有と支配と、定義を下した。通常、この行使はたとえば暴力または暴力のおどし、ごまかしと強制またはいずれか一方の手段を通して成し遂げられる。」

それは調査研究のための二次的情報源、特にメディアやNGOや政府からの報告を頼りにする。また地元の調査やインタヴューも活用した。

絶対数においてインドはリストを奴隷の数1470万人までとした、そして中国、パキスタンが続いた。住民の数380万人、15万人以上の奴隷を有するモーリタニアは奴隷制度の普及率が最も高かった。

アイルランド、アイスランド、イギリスは、最も低い奴隷身分の普及率を享受すると調査にはある。

ウェブサイトによると、ウォークフリー財団は現代の奴隷制度の終焉を求める非営利団体。組織は2012年5月にオーストラリアの金属王、アンドリュー・フォレストによって設立された。彼が最初にこの問題に気づいたのは、十代の娘がネパールの孤児院で奴隷と並んで働いたときだった。

http://www.timesofisrael.com/thousands-of-slaves-in-israel-global-study-finds/

0 Comments:

Post a Comment

<< Home