見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

October 10, 2013

DC カーチェイス

近頃、なんだかディプレスすることばかり…
◇ワシントンDCの警察がなぜ武器を持たない妹を射殺したのかNYPDの元巡査部長には理解できない
ロイター通信 05 October 2013
by Edward Upright

今週、連邦議会議事堂のロックダウンにつながったカーチェイスで警察官に追跡された女性の射殺をワシントンの警察は避けることができたと金曜遅くに女性の姉、ニューヨーク警察元巡査部長ヴァレリー・ケアリーは述べた。

木曜、ミリアム・ケアリーが警察と対決する間、1歳の娘のエリカは一緒にクルマの中にいた、ミリアム・ケアリーの家族は彼女が分娩後の鬱状態に苦しんでいたと言っている。

コネチカット州スタンフォードの住人、ケアリー34歳は、ホワイトハウス近くのバリアを走り抜け黒のインフィニティ・クーペを運転しようとした、そして連邦議会議事堂の方向に向かってスピードを上げた、警察はハイスピードで追跡することになり、彼女のクルマが中央で動けなくなったとき、警察が発砲して終わった。
 
「私の妹は首都を旅行しているどんな人でもありえました」とヴァレリー・ケアリーはブルックリンの自宅外で記者らに語った。「致命的な暴力は最後の頼みとするものではなかったし、それは必要ではありませんでした。」
  
連邦政府のシャットダウンをどう解決するか下院が議論するアメリカ議会で政治的緊張が最高潮の時に追跡と発砲が生じた。連邦議会議事堂は狙撃があった後、厳重に封鎖された。        

ワシントンに警戒をもたらしたもう一つの事件では金曜ナショナルモールで男性が自分に火をつけようとしたようだ。彼は病院で危篤状態とみなされる。

ケアリーは銃を発砲しなかったし、彼女が銃を持っていた徴候はなかったと法の執行筋は言っている。

「車両から発砲がなかったとき(警察によって)銃が使用される必要がなかったのは十二分に確かだと思います」とヴァレリー・ケアリーは述べた。「DCの彼らのプロトコルは知りませんが、ニューヨーク市のは知っています。」
       
土曜早くに連邦議会議事堂警察とコロンビア特区警視庁の代表はコメントを出すことができなかった。
   
落ち込み
          
シークレットサービス、連邦議会議事堂警察、FBIの援助によって狙撃は国内問題課により調査中であると首都警視庁は声明のなかで述べた。      
        
ブルックリンの記者会見でケアリーの別の姉、エイミー・ケアリー・ジョーンズは、ミリアムが分娩後の鬱状態でもがいていたことを記者たちに説明した。
     
「彼女は善良な市民で屈託なく情愛があったと私にはわかる。彼女には赤ちゃんがいて分娩後の鬱病に苦しんでいた」と言ってケアリー・ジョーンズは妹が薬物療法とセラピーを受けていたと付け加えた。 
   
匿名を条件に話すアメリカ政府当局者は、ケアリーに彼女の行動を誘発したメンタルの問題があったかどうかに調査官らは集中していると言った。   

法的措置をとるかどうか、女性の親族らは決めていないとケアリー家と元ニューヨーク警官の弁護士エリック・サンダーズは言った。

コネチカット州によってオンラインにおかれる記録によれば、ケアリーは公認の歯科衛生士だった。彼女は歯科医院に雇われていたが、亡くなったときもう働いていなかったとケアリー・ジョーンズは言っている。     

http://www.informationclearinghouse.info/article36430.htm

◇連邦議会議事堂の悲劇はアメリカ社会を砕くことで厄介な傾向を示す:

鬱状態の女性の狙撃の余波に関して、大衆、特にアフリカ系アメリカ人の扱い方をアメリカは注視しなければならない。社会は砕かれており、狂気(精神障害)に資するとインターナショナルアクションセンターのCaleb MaupinはRTに語った。
RT(ロシアトゥデイ)05 October 2013
http://rt.com/op-edge/capitol-shooting-questions-police-762/

◇DCカーチェイスの信じられないほど釘付けにするヴィデオの隠れた顛末:

劇的なシーンを捕らえた人はただのしゃれ者ではなかった、彼はアメリカの納税者と中東の放送によって資金を供給されるAlhurraというネットワークのカメラマンだ。

政界でAlhurraはよく知られている。アメリカ政府が融資するが、ただ中東で放送するアラビア語の局だ。イラク戦争たけなわの2004年に設立されるAlhurraは、当時、反米と見られたアルジャジーラや他のアラビア語ニュースネットワークに代わる親米の意味を持つ。それにもかかわらず、ワシントンを取り巻く一周約100キロの環状道路の外ではほとんど聞いたことがない。

それはダニー・ファルカスという名のAlhurraのカメラマンが連邦議会議事堂の外で起こるBロールを撮影した昨日までのこと。カーチェイスの音を聞いたとき彼はカメラを向けて展開するような劇的場面を捕らえた、結果として連邦議会議事堂警察が発砲するまでミリアム・ケアリーが運転する黒のインフィニティセダンは議事堂の敷地のまわりを疾走した。ファルカスが撮影したヴィデオはそれ以後、木曜のできごとを明らかにするイメージになった。

Voice of AmericaやRadio Free Europeのような連邦政府によって資金供給される他のニュースネットワークと同じく、Alhurraに資金供給する連邦機関、The Broadcasting Board of Governors(放送理事会)は”国家安全保障にとって最も重要”だと考えられたために政府のシャットダウンから除外されている。Alhurraはコマーシャルのない番組編成を中東で24時間放送する。1億1030万ドルの予算があり、763人を雇用する。

アメリカチャンネルを開始したアルジャジーラとは違って、Alhurraはアメリカではまったく利用できない。要求がないからではない。そのわけは、まったく政府によって資金供給されるからで、Alhurraはプロパガンダとみなされる。それは1948年のSmith-Mundt法のもとに国内での放送を禁じられるということになる。この同じ禁止令が放送理事会によって資金供給される他のすべてのネットワークにあてはまる。

ではなぜ今週、実体をあらわしたのか?まず最初に誰かがファルカスからヴィデオを引き出してそれをスタジオに大急ぎで戻したあとAlhurraで放送された。次に他のネットワークがそれを使う許可を求めた、そして残りはウイルスの変遷だ。ネットワークとはなにかについて考えのあるアメリカ人は非常にまれである。

The Daily Beast 04 October 2013
http://www.thedailybeast.com/articles/2013/10/04/the-story-behind-that-incredibly-riveting-video-of-the-d-c-car-chase.html

◇米ワシントンの連邦議会議事堂近くで3日、女の乗った車が警察車両とカーチェイスとなり、女は警察に射殺された。
女の車はホワイトハウス近くでバリケードを突破しようとした後、猛スピードで連邦議会議事堂方面へと向かった。カーチェイスの末、警察は車を制止しようと議会周辺で発砲、女は死亡が確認された。
警察当局によると、女の年齢は34歳。運転していたのは黒のセダンで、車内には1歳の女の子が乗っていた。女の子は病院に搬送されたという。
このほか、女の車にはねられるなどしてシークレットサービス1人が負傷、警察官1人もカーチェイス中にけがをした。
観光でワシントンを訪れていた13歳の少年は、「ホットドッグを食べていたら4、5発の銃声が聞こえた。何台ものパトカーがサイレンを鳴らしながら到着した」と語った。
捜査当局によると、容疑者が銃を所持していた様子はなく、全て警察側による発砲だった可能性が高い。また、テロとの関連性もみられないという。
事件当時、議会上下院では政府機関の閉鎖などをめぐる審議が行われていた。
(引用元:ロイター 2013年10月3日)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE99202420131004

0 Comments:

Post a Comment

<< Home