見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

November 11, 2013

ロシア社会の無関心とあきらめ

◇モスクワ赤の広場の外のビザールな抗議で裸のアーティストが自分の睾丸を地面に打ち込むのを注視しろ
イギリス、ミラー紙 10 November 2013

警告:目立つまねはロシアの"警察国家"を強調することになると、どぎつい裸体像、Pyotr Pavelnskyは言っている

彼の国の独裁政権に対するビザールな抗議で、裸のロシア人アーティストが自分の睾丸を地面に打ち込んだ。

ひどいショックを受ける何百人もの観光客に注視されながらPyotr Pavelnskyは自分の陰嚢を大きな金属釘でモスクワ赤の広場の前の玉石に固定した。

彼を現場から取り除く前に、警察は毛布で彼を隠蔽した。

治療のため彼はクリニックに連れていかれて拘禁された。

デモンストレーションの前にウェブサイトgrani.ruに投稿された声明で、Pavlensky氏は次のように書いていた。「クレムリンの舗道に打ち付けられた自分の睾丸を見ている裸のアーティストは、現代ロシア社会の無感動と政治的無関心、あきらめのメタファーです。」

アーティストは以前に政治的主張を強調するために痛みを伴う抗議を行っていた。

2011年、彼は投獄されたプッシーライオットの苦境を強調するために自分の唇を縫い合わせて後にサンクトペテルブルグの政府建物の外で自分の裸体を有刺鉄線で巻きつけた。

http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/pyotr-pavlensky-watch-naked-artist-2719065

△映像はすでに削除されている

0 Comments:

Post a Comment

<< Home