見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

December 19, 2013

プッシーライオットに恩赦!


ワシントンD.C.のバスにスノーデンに感謝する広告が


◇ロシア下院は18日、憲法制定20周年に合わせ、恩赦法案を可決した。モスクワのロシア正教聖堂で反プーチン政権歌を歌って投獄された女性パンクバンド「プッシー・ライオット」のメンバー2人を含む計約2万5千人が、半年以内に釈放される見込み。 
対象は犯罪時の年齢が18歳以下だった男女や、55歳以上の女性受刑者ら。「18歳以下の子どもを持つ女性」との規定もあり、幼子の母親でもあるバンドメンバーのナジェジダ・トロコンニコワさんら2人が恩赦を受けることになった。
タス通信によると、このほか、北極圏の海でロシアの油田開発を妨害した海賊行為の罪で起訴され、保釈されている環境保護団体グリーンピースの活動家にも適用。
一方、反プーチンデモを主導した著名ブロガーのナバリヌイ氏は対象外となった。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2013122002000115.html

ロシアのプーチン大統領は19日、2005年に破産した同国の大手石油会社ユコスを率い「石油王」と呼ばれていたミハイル・ホドルコフスキー受刑者に恩赦を与えることを表明した。大がかりな金融犯罪でロシア国内では非常に有名な同受刑者は既に10年以上服役しており、刑期をわずか8カ月だけ残すだけとなっていた。 
ロシア政府はソチ冬季五輪を間近に控え、人権擁護イメージを高めようとしている。プーチン氏が大統領に復帰して以来の独裁的な振る舞いや、未成年者に向けて同性愛を擁護する宣伝行為を禁止する法律を制定したことが西側諸国の疑念を強めているからだ。ロシア政府は最近西側諸国への攻撃的なコメントを抑制する一方、ロシア議会が18日には人気パンクロック集団、プッシー・ライオットのメンバーやグリーンピース活動家などの有名人も含む2万人に恩赦を与える法律を成立させた。

http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304273404579268881038349514.html

0 Comments:

Post a Comment

<< Home