見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

August 28, 2014

落胆するイスラエル人

◇世論調査:停戦に落胆するイスラエル人、ガザ作戦前より安全でないと感じる
作戦を議論するため2週間会議を召集したリクード(イスラエルの右翼連合政党)中央委員会;Bayit Yehudiは連立を離脱しないと言う。
ほとんどのイスラエル人がハマスとの停戦に反対し、Protective Edge作戦前より安全でないと感じるのを、水曜夜チャンネル2とチャンネル10の番組に出た世論調査でわかる。
チャンネル2のShiluv Millward Brown世論調査によると、54%の人が停戦に反対して37%が支持する。わずか29%がイスラエルはハマスを打ち破ったと考えると同時に59%がイスラエルはハマスを打倒しなかったと考えるのを世論調査が見つける。 
同じ59%の人がベンヤミン・ネタニヤフ首相のふるまいに不満を持っていると言った。ネタニヤフに満足を感じるのは、7月23日の82%、先週木曜の55%、月曜の38%から落ちて、32%にすぎない。
ネタニヤフはチャンネル10のMidgam世論調査ではもっとうまくいく、そこでは55%の人が彼に満足するとわかる。ガザではどちらが勝ったか尋ねると、32%がイスラエルと答え、25%がハマス、26%が引き分けだと答えた、そして19%がわからないと答えた。
チャンネル10の世論調査は、ネタニヤフに不満を持つかなりの部分が作戦で必要なだけ成功していないことから来ることを示した。75%の人がネタニヤフはハマスを倒すべきだったと言った。
大多数の回答者が戦争は一年未満で再開すると言った、そして37%が6カ月未満で起こると予測した。作戦のために個人的により安全になったと感じるかどうか尋ねられて、60%がより安全でないと感じると言って安心度が増したと言うのは19%にすぎなかった。
その数字にもかかわらず、右翼の政治家らはネタニヤフを失脚させる、または彼の政府を打倒するために即時行動を起こすつもりはないと言った。
住宅建設省のウリ・アリエル大臣(Bayit Yehudi:シオニスト政党ユダヤの家、「パレスチナ人の母親を皆殺しに!」と要求した議員が所属)は、IDF(イスラエル防衛軍)作戦後にそのような行動をとるのは、まあ不適切であろうと言った。
仮に政権が倒れるとすれば、わずかに次の一年にとどまることになり、宗教や国政または国家予算の問題を通じてとなると彼は言った。
「われわれが唯一支持率が上がる党であるのを世論調査は示す、それゆえ、たぶん理論的には政府を打倒するのがわれわれの利益のためとなろうが、われわれがそれをするとは思わない」と彼はArmy Radioに語った。
「国民の80%~90%は選挙を望まない、そして彼らは正しい。」
しかしながら、ネタニヤフは彼のリクード党内で難題に向き合う。
水曜、リクード中央委員会のダニー・ダノン議長が、ガザ作戦を話し合うためロケット弾に襲われたアシュケロンで2週間会議を招集すると発表した。
首相が出席するかどうかは水曜にはあいまいだった。委員会はハマスやヒズボラ、イラクとシリアのイスラム国テロリストによって与えられる難題を重要視して防衛手段対策にも対処するとダノンは言った。
「大きな支持で始まったProtective Edge戦争は、結局、イスラエルが恥じて当惑して終わった」と彼は言った。
労働党のIsaac Herzog議長は、停戦のあとネタニヤフがどんな外交的処置もとるとは期待していなかったと述べた。選挙が外交上の事態にとって唯一のチャンスであると彼はほのめかした。
「決めるのは国民の義務」と野党指導者はArmy Radioに語った。「大変革をもたらす外交上のプロセスだけが、よりましでより穏やかな将来を保証できる。国民がそのことを理解するのに時間がかかるのは承知している、だが、ユダヤ(古代パレスチナの南部地域、ペルシャ、ギリシャ、ローマの支配下にあったユダ王国の地)やサマリア(古代パレスチナの北部地方)がガザになるのを防ぎたいと思う人は誰にせよ、私たちが外交的な巧みな措置に向かう必要があることをもちろんのことと思うべきなのです。」
http://www.jpost.com/Israel-News/Politics-And-Diplomacy/Protective-Edge-began-with-huge-support-ended-with-Israel-shamed-and-confused-says-Likud-MK-372472
◇イスラエルとルワンダの両国は想像を絶するジェノサイドを経験した国。どちらの国にもほかにない独自の防衛手段状況がある。
(写真は訓練任務の間のルワンダ兵)

ガザとハマスはどうするか?どうやってイスラエルは果てしなくロケット弾を発射するハマスとの消耗戦を避けることができ、応酬を強いられるのを避けることができるのか?多くのイスラエル人がユダヤ人国家にガザを再占領して欲しいと思っている。そもそも、イスラエルはそこのユダヤ人コミュニティをいかなる時にでも取り壊してはいけなかったというのが本当のこと。私の子どもたちは2005年のユダヤ人植樹の日にTu BishvatのGush Katif に木を植える最後の人の一部だった。ガザのユダヤ人コミュニティは細長い回廊状の土地に影響を与える洗練された力だった、そこは後にハマスの粗野なふるまいと圧政に屈服することなる。私は、ユダヤ人入植者らがガザの温室の砂丘からまさに育てた甘美なピーマンとリンゴを食べたのを憶えている。今日のガザの唯一の輸出品である潜入トンネルときわめて残忍なロケット弾から、なんたる変わりようか。 
エルサレムポスト紙より
http://www.jpost.com/Opinion/NO-HOLDS-BARRED-Rwandan-troops-are-the-solution-for-Gaza-372304
イスラエルの人たちは毎日こういうオピニオンを読み聞かされている

0 Comments:

Post a Comment

<< Home