見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

December 18, 2017

ウッディにハッピークリスマス

◇飼い主によって遺棄された美観を損なわれた犬がクリスマスに間に合って家族を見つけた

わずか生後5週目のときに他の犬に襲われて顔が醜くなった犬が新しい家を見つけました。

もう一匹の犬がウッディを攻撃したあと彼はゆがんだ顔を残されました、そして元の飼い主らが彼を獣医のところに連れて行くのを拒んだのでゆがんだ顔はそのままでした。

飼い主らはテネシーの自宅から引っ越し、ウッディを食べ物なしで鎖でつないで所有地の外に遺棄しました。

Special Needs Animal Rescue & Rehabilitation (SNARR)の責任者Courtney Bellewは以下のように言いました:

彼は鎖につながれて置き去りにされました。
近所の人々が彼にえさを与えていたのだと思います。

この6週間後、ある人がCourtney Bellewと連絡を取り、Bellewがすぐに彼を迎えに行きました。

ニューヨーク市で先週末に彼が自動車から降りたとき、私は初めて彼に会いました、彼はまったく陽気で笑いを誘います。
彼の個性(魅力)は彼の性質とまぬけな顔によく調和します。彼は大きな子犬です。私たちは彼が8カ月ぐらいだと思いますが8週目の子犬のように行動します。
彼は非常におちゃめで非常に情愛が深い。彼は典型的なまぬけでかわいい子犬です。
彼の顔はいわゆるキュートでおばかに見えるので、個性と顔が一緒になってまさしく彼を格別に魅力的にします。

ニューヨークの救援センターでの数日後、Bellewの友人ジェイミー・ボンドが彼を里子として育てることに決めた、そしてクリスマスにちょうど間に合ってウッディを彼女に家に快く受け入れた。

彼女は以下のように述べた:

彼はめちゃめちゃすばらしくて、里親家族の一員として私たちに彼がいてとても幸運です。
彼の顔は変に見えるかもしれないのに、彼は家の他の子犬と少しも異なっているとは思っていません。

△“indy100”はSNARR(動物救援&リハビリ)と連絡を取った、SNARRはウッディがその後に養子にされたと知らされて満足だった。

https://www.indy100.com/article/dog-woody-disfigured-face-finds-foster-home-special-needs-animal-rescue-rehabilitation-courtney-8116101?utm_source=indy&utm_medium=top5&utm_campaign=i100


0 Comments:

Post a Comment

<< Home