見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

October 04, 2007

政治的ツールとしてのSNS


10月6日、世界の数十都市で数万人規模による、ミャンマー(ビルマという国名を軍政が改めた)での民主化運動弾圧に抗議するデモ行進を行なう予定だ。
このデモ行進は「Facebook」という大学生の飲み仲間探しを支援する目的で作られたソーシャル・ネットワーキング・サイトの呼びかけであっという間に組織された。ソーシャル・ネットワーキング・サイトなるものの影響力がいかに強まっているか、その影響の範囲がいかに広がっているかがよくわかる。
アマチュア活動家と大規模な非営利政治団体の両者が、「Facebook」を利用することで世界中の人々を結びつけ、市民の関心事を政治家に表明することがどんなに簡単にできるかに気づいた。
6日の抗議デモは「Support the Monks' Protest」(僧侶の抗議を支援しよう)という名称の「Facebook」グループに属する30万人強のメンバーによって組織された。
ロンドンのほか、パリ、メルボルン、ソウル、台北、ウイーン、そしてワシントンDCなどの米国各都市で抗議行動が予定されている。
「Support the Monks' Protest」を立ち上げたのはカナダ・トロント出身の大学生19歳のアレックス君、9月半ばに民主化運動の弾圧を知ったのがきっかけだった。彼は今年の夏、大学に行くまでの7ヵ月の休暇中にミャンマーを旅行した。この経験が衝撃的だったという。
「すべてが古くてボロボロだった」、「人々はみな絶えず恐怖にさらされていた。思ったことを口にすることもできず、常に、見張られていることに注意していなければならない」と彼は語る。
軍政がデモ隊を暴力で弾圧するニュースが流れた後、メンバーの数は急増した。ミャンマーに親類がいる人、ミャンマーを旅行したことのある人たちが、なにか行動したくて参加できるグループはないかと「Facebook」で探したのだ。
ロンドンでこれに参加し、積極的に活動しているメンバーのひとり、23歳のジョニー君もやはりビルマでの滞在体験が参加の大きな理由だという。
リーズ大学を卒業したばかりだが、現在、このグループの中心メンバーとして、「Burma Campaign UK」やアムネスティ・インターナショナルなどの経験豊富な政治団体と協力したり、バイラル・ビデオを作ったりしている。
マレーシアのクアラルンプールでも積極的に活動している人々が20人を超えている。そのひとりナイジェル・カンバーランド40歳は英国出身だが国籍はマレーシア。母親がミャンマー出身で民主化運動に関係する親族もいる。
Facebookのキャンペーンは「自己満足的なところもあるが、ないよりましだ」とナイジェルは語っている。
New York Timesの記事によれば、ミャンマー政府は現在、インターネットや電話回線を閉鎖しており、兵士たちに、カメラや、カメラ付携帯電話を没収させている。
こうしたミャンマー政府への抗議を、自分たちのブログ上で表現しようという団体「Free-Burma.org」が、ドイツの大学生2人によって組織されている。
彼らの10月4日に組織したネットイベント、いつもの内容をやめてミャンマー軍政への抗議のバナーなどを掲載する「International Bloggers' Day for Burma」に参加したブログは、世界中で5000にのぼっている。
(WiredNews 10月5日)

写真は、ヤンゴンのシェダゴンパゴタ

0 Comments:

Post a Comment

<< Home