見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

July 11, 2009

カンダハルの野獣



◇今週、メディアがそのスポットライトをひとりのセレブの死に向けるとき、あまりにも多くの他の根深い損失が報告されないでいます。特にアフガニスタンとパキスタンのアメリカの無人偵察機の攻撃によって殺されたあの一般市民のことです。
2006年以来、無人機の攻撃が少なくとも14人のアルカイダ指導者たちと、およそ700人の一般市民を殺してきており、罪のない犠牲者と目標とされる敵の比率は50対1です。ニュースがこれを報道してないので、私たち自身がメディアになる必要があります。
メディアの編集者らに手紙を書きませんか?

今週はまた、私たちを欺いてヴェトナム戦争に陥れた戦争犯罪人、ロバート・マクナマラの死にも遭遇しました。後に彼は私たちの軍を巻き込む計画を立案して指揮することを悔やみました、でも、結果として残された深い苦しみを癒すものではありません。アフガニスタンでの7人のさらなる米兵の死は、戦争というムダな試みとそのおそろしい犠牲を強調し続けます。アフガニスタンとパキスタンは今はオバマの戦争です、いつか彼が悔やみそうな戦争です。ヴェトナムのように、それは間違っています。

ペトレイアス将軍の元顧問のデイヴィッド・キルカレンを含める将軍と他の軍当局者らが、米国の無人機の使用に対し反対意見を述べてきています。「無人機は過激派の周囲の全住民を一体化する怒りの感情のもとであり、過激派の高騰へと導く」と、キルカレンは下院軍事委員会の前で述べました。それでもなお、アメリカ国務省は攻撃を否定し続け、私たちの税金をそれにつぎ込み続けます!
将軍たちやCIA、他の人たちが、無人機やあの地域の安定化について言っていることをもっと読んでください。↓
http://salsa.democracyinaction.org/dia/track.jsp?v=2&c=eUqXt2wwiknvDw2%2FbkQa0GGtzRp61T1p

平和運動での私たちの兄弟姉妹の何名かは、無人機を止めるため言葉ではなくてカラダを危険にさらしています。無人機を地上に引きとどめるため!7月13日、コードピンクは高名な神父ルイス・ヴィタールを含める他の活動家たちと組んでいます。そして無人機が遠隔操作で操縦されるインディアン・スプリングス近くのクリーチ空軍基地のゲートで、徹夜の祈りヴィジルをやります。

もうひとつ、私たちの次のガザへの旅にいっしょに加わってください。↓
http://salsa.democracyinaction.org/dia/track.jsp?v=2&c=qUfAuJ5JJfu6mNDsX8LY7mGtzRp61T1p

(CODEPINK 10 July 2009)

◇タリバーン標的に2度のミサイル攻撃、米軍無人機か 多数死亡

パキスタン情報機関当局者は24日、北西部にありアフガニスタンと国境を接する政府直轄部族地域の南ワジリスタン地区で23日、2回のミサイル攻撃があり、タリバーン司令官3人を含む武装勢力構成員少なくとも55人が死亡したと述べた。米軍の無人武装偵察機が撃ち込んだとみられる。

タリバーン側は、攻撃で45人が死亡、5人が自組織のメンバーで、残りは一般住民と反論している。

最初のミサイル攻撃は3発で、同地域の村落にあるタリバーンの訓練施設を標的にし、2人が死亡、複数が負傷した。司令官1人が殺害されたとみられる。この死傷者のための弔いが開かれている場所に2度目の攻撃が加えられたという。

南ワジリスタン地区は、「パキスタン・タリバーン運動」を率いるベトゥラ・メスード司令官の勢力圏だが、葬儀には同運動の構成員多数が出席していたという。司令官は参加していなかったとされる。

CNNのまとめによると、部族地域やパキスタン北西辺境州での無人機によるミサイル攻撃はこれで今年15件以上で、昨年比で激増。米軍は部族地域などがアフガンへの越境攻撃の拠点となっていると主張している。無人機の越境ミサイル攻撃は昨年秋から加速し、ゲーツ米国防長官は先に、米軍の関与を認めていた。

これまでの死亡者は数百人規模とされ、民間人の犠牲者も多く、パキスタン国民の反発も強い。同国政府は主権侵害として攻撃停止を求めているが、内密には承認しているとの情報もある。

タリバーン系の組織は今年に入り北西辺境州内でも存在感を強め、パキスタン軍は4月下旬から掃討作戦を強化し、一定の成果を挙げた。同軍は部族地域への作戦拡大の準備を進めている。

(CNN.co.jp 2009年6月24日)

◇アフガニスタンでまた未確認の無人航空機が目撃される

アフガニスタンで米軍の秘密兵器とみられる未確認の無人航空機(UAV)らしきものが飛行している模様が撮影されて注目を集めている。

映像を公開したのは仏航空専門誌「Air & Cosmos」で、機体の特徴はこれまでに公開された無人航空機のどれにも当てはまらないことから、正体は不明だとしているが、同誌が公開した画像を分析した英航空専門誌「Aviation Week」では、先月、アフガニスタンの米軍基地で駐機している模様が目撃された機体と同一のものではないかとも述べている。

英航空専門誌「Shephard」は先月、アフガニスタンの米軍基地にこれまで存在が確認されたことのないナゾの無人航空機が駐機している模様が目撃されたとしてそのイラストを公開していた。

欧米の航空アナリストの間では、今、このナゾの無人航空機を「Beast of Kandahar(カンダハルの野獣)」と呼び、正体探しの努力が続けられている。

(technobahn japan 2009年5月22日)

写真は最新のアメリカの無人機 アメリカが製造するのは無人機ばかりとのこと
Photo Courtesy Air & Cosmos

0 Comments:

Post a Comment

<< Home