見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

August 15, 2009

AHAVA アグリービジネス



◇盗んで得た美しさ

化粧品のAhava(アハヴァ)は「死海からの美しさの秘密」を約束するが、本当の秘密は、その製品が盗んで得た占領地のパレスチナの天然資源から生まれたことで違法な入植地Mitzpe Shalemで生産されることだ。第四ジュネーブ条約(管理領土における一般市民の入植は第四ジュネーブ協定の明示条項に違反する)によると、会社の死海からの原料の占有(盗用)は明らかに占領強国による資源の違法使用だ。

アハヴァは会社の犯罪をきれいな顔でだます、そして会社のスポークスウーマンにするため、有名な進歩的女優でオックスファムの大使のクリスティン・デイヴィスに報酬を支払う。だが、オックスファム自体はアハヴァの事業慣行に関して言わなければならないことがある。以下ーー。

 「ヨルダン川西岸の入植地は国際的な人道法の下に違法であり、そこで暮らすパレスチナ人にとって多大な問題を引き起こす。」

 「違法な入植地で生産される製品を買っている消費者は、十分な説明に基づいて選択をすることができるように、その情報を有する必要がある。」

従って、アハヴァがその製品の起源を「死海、イスラエル」として名称を付けるとき、消費者を積極的に誤解させる骨折りで、会社はほとんど世界が共有しない地域の意向を主張している。これに答えて、女性の活動家グループ、コードピンクがアハヴァのボイコットと、この高級品市場向けの化粧品企業の見苦しい(言わずにいる)裏の顛末について消費者を教育することを予定する一連の行動に着手してきている。

ヘブライ語の言葉「アハヴァ」は愛を意味しても、この会社が西岸でやってることに人を愛すること、情愛など何一つない。だから、アハヴァの不正な秘密に関して真実を明らかにするため、10段階のガイドをチェックアウトして世界中の友人・家族にアハヴァの不正な秘密を教えるEカードで、ボイコットと言葉を広めてくれたまえ。

(The Nation by Peter Rothberg 31 July 2009)
http://www.thenation.com/blogs/actnow/457772/print

◇コードピンクの抗議がアハヴァのボイコットを要求する

水曜、ワシントンの化粧品ストアの近くでビキニを着た多数の女性がアハヴァ化粧品の購入に抗議した。その化粧品はヨルダン川西岸のMitzpe Shalemというイスラエル入植地で生産される。

抗議行動はアメリカの反戦活動コードピンクによって始められ、抗議者のボディは泥で縞状に塗られ、ある者は「アハヴァは不正ビジネス」の言葉に注目させる。

「死海からの美しさの秘密」を共有することを約束するイスラエルの化粧品会社はまた、「実はその製品がパレスチナ西岸の占領地のパレスチナの天然資源を盗むことで生まれて、違法な入植地Mitzpe Shalemで生産されるとの不正の真実を隠している」とコードピンクは申し立てる。

先月、世界25カ国に輸出する国際企業に対し、その活動はボイコット・キャンペーン「Stolen Beauty(盗んで得た美しさ)」に着手した。

「美貌と純粋に全面的に専心すると公言するアハヴァに、あなた方は占領と国際法違反を隠蔽することはできないと伝えるため、私たちはここにいます」とコードピンクの全米オンラインのオーガナイザー、パリス・マロンは言った。「私たちは本当のことをすっかり白状するようアハヴァに要求します。」

抗議に加わった活動メンバー、Rae Abileahは、「占領されたパレスチナ領土」での生産に抗議して彼女たちは会社の製品に対する国際キャンペーンを指揮していると言った。

彼女たちは化粧品ストアーに入ってアハヴァの生産工程について事実に基づく情報を書いた手紙をマネージャーに手渡してきた、そしてジュネーブ条約に反するからには、これらの製品を販売するのを止めるよう要求してきたと彼女は言った。

あんな大金持ちの正札を掲げて占領からもうける製品を購入すること、あるいはそれぞれの場所に置くことは、不道徳で倫理にもとるとAbileahは付け加えた。

組織はまた、アハヴァのスポークスウーマン、アメリカの人気TV番組「セックス・アンド・ザ・シティ」のスター、クリスティン・デイヴィスに、ただちに会社を代弁するのを止めるようしきりに促した。

キャンペーンの最初の抗議は「平和のための女性連合」と協力してテルアビブのヒルトンホテルで一月以上前に着手されたとAbileahは言った。

抗議者たちはまるまる1日、ホテルのアハヴァストアを閉鎖することができた、それが彼女たちを刺激して米国でキャンペーンを推進させた。

2週間前ラスベガスで開催された化粧品会議の外はもちろん、先月、この女性たちはニューヨーク・セントラルパークでのテルアビブの百年祭でもはっきり表明してみせた。

(ynetに投稿:Israel News by Anat Shalev 30 July 2009)
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-3754920,00.html

0 Comments:

Post a Comment

<< Home