見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

February 11, 2010

チャーリー・ウィルソンの戦争



◇1980年代の旧ソ連によるアフガニスタン侵攻時、CIA(米中央情報局)の秘密作戦に協力し、ソ連軍の撤退に功績を残したとされ、映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」のモデルともなったチャーリー・ウィルソン元米下院議員が10日、米テキサス州の病院で心不全により亡くなった。76歳だった。



テキサス州選出の下院議員(民主党)だったウィルソン氏は、パーティー好きで陽気な人柄で知られ、地元の新聞からは「グッドタイム・チャーリー」のニックネームをちょうだいしたが、こうしたプレーボーイ的なイメージの一方で、冷戦時代の英雄のひとりとなった。



80年代、ウィルソン氏は下院の国防歳出委員会メンバーとして動き、当時アフガニスタンを侵攻していた旧ソ連軍に対するCIAの極秘作戦のための予算を大幅に増額、数十億ドルという多額の資金を調達し、旧ソ連軍と交戦していたイスラム武装勢力に武器を供給するなど大規模な支援を実現した。



このアフガニスタン支援における業績は2007年に「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」として映画化もされ、主演のトム・ハンクスがウィルソン氏を、ジュリア・ロバーツがウィルソン氏を支援する地元テキサス州ヒューストンの富豪女性を演じた。



しかし、アフガニスタンのイスラム武装勢力に行った軍事支援は、旧ソ連軍のアフガニスタン撤退当時は米政府周辺で勝利とみなされたものの、それ以降は意図せずして米国につきまとう災いの種となっていった。



ウィルソン氏が支持し、CIAから100万ドル単位の支援を受けたアフガニスタンの軍閥たちは現在、国際テロ組織アルカイダなどとのつながりをもつ危険なイスラム原理主義者とみなされている。中にはグルブディン・ヘクマティアル元首相や、アフガニスタンの旧支配勢力タリバンのジャラルディン・ハッカニ司令官も含まれている。



しかし、2001年9月11日の米国同時多発テロ以後も、ウィルソン氏は「われわれは悪の帝国(旧ソ連)と戦っていたのだ。(支援しないとすれば)それは第2次世界大戦中にヒトラーと戦うソビエト軍に供給支援を行わないのと同様だ。当時、タリバンなんていう名前を知っていた人間なんていただろうか?」(2007年、タイム誌)などと述べ、アフガニスタンの「戦士」たちの軍事強化に荷担したことを悔いる発言は一切なかった。



CIAはそれまでCIA要員にしか贈ったことのなかった功労賞を文民として初めてウィルソン氏に贈っている。

(AFP 2010年2月11日)

◇1980年代、民主党のウィルソン下院議員はアフガニスタンからソ連を追い払うことでムジャヒディン(イスラム戦士)勢力を助ける手段として米国の内密の支援を確保するため、軍事予算小委員会での自分の立場を利用した。

CIAが自分の国を通って武器を輸送するのを許していたパキスタンのジア・ウル・ハク大統領は、ウィルソンが敵をまかすと信じた。

映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」は、番組60ミニッツの元プロデューサー、ジョージ・クリルによる2003年の本に基づいた。クリルによると、ウィルソンはエジプトの防衛大臣を喜ばすため、テキサスからベリーダンサーをカイロまで連れて行ったことがあった。その防衛大臣はアフガン人に弾薬を供給していた。

反対分子を武装させること、そして脇役で保守的なイスラム教国家を利用することで、パーティアニマル(パーティに興味のある人)としてのウィルソンの評判が彼の仕事の完ぺきな架空の身分を与えたと、ウィルソンが一緒に仕事したCIA職員らはジョークを飛ばした。その工作は結局一年で約7億5000万ドルにまで膨らんだ。当時の情報機関の歴史で最も多額の秘密工作となる。

国民には、下院の議場でめったに口をきかないでその日の主要な政策論争に加わらないでいるウィルソンはまるで平議員のように見えた。だが、クリルによると、連邦議会議事堂の非公開の会議室のドアの後ろではウィルソンは彼の同僚たちの選挙区の軍の契約を支持することで同僚のムジャヒディンのための支援を確保するため秘密に働いた。

ウィルソンの努力が冷戦の極めて破壊的な代理戦争のひとつで勝利するのを助ける一方、その勝利が後にタリバンによって占められる力の空白状態を残した。タリバンの多くはウィルソンによって調達され、CIAによって提供される武器で重装備された。

米国海軍士官学校の卒業生、ウィルソンは材木事業に参加する前、大尉として務めた。彼は1973年に下院に当選して1996年に引退した。

(ガーディアン紙 10 February 2010)
http://www.guardian.co.uk/world/2010/feb/10/texas-congressman-charlie-wilson-dies

▲写真の中央、白い馬に乗るのがウィルソン下院議員(イギリス、ガーディアン紙より)

0 Comments:

Post a Comment

<< Home