見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

June 26, 2010

要塞都市トロント




◇要塞都市トロント:カナダの歴史で最も費用のかかるG8/G20主要国首脳会議に備える強力な治安取締り

カナダ史上最も費用のかかる3日間を記録するであろう強力な治安取締りのまっ最中に、G8(先進8カ国)とG20のため世界のリーダーたちが到着し始めています。前年ピッツバーグでのG20の5倍ちかい数にあたる推定1万9000人余りの警備人員を配備してトロントの商業地区中心部の大きい帯状区画は警察国家の様相を経験します。警備の値札はおよそ10億ドル、サミット(首脳会議)費用の総計は20億ドルを越えるだろうと一部は見通します。

◇カナダ入国を拒否されたあとにCODEPINKの活動家がカナダ国境で48時間余り拘留される

アメリカの社会フォーラムに関係する団体CODEPINKの活動家2人がデトロイトから国境を越えようと試みた23日水曜、カナダに入るのを封じられて拘留されました。ひとりはCODEPINKの共同設立者、メデイア・ベンジャミンです。

◇トロントのG8/G20会議に抗議する先住民活動家たち

24日木曜、トロントの先住民グループは、G8とG20主要国首脳会議に異議を唱えるためデモを開催しました。

(以上、デモクラシーナウ!25 June 2010)

◇テキサス・メキシコ国境に沿って米国が無人偵察機プレデターを配備

国家安全保障省ジャネット・ナポリターノ長官は、テキサス州のメキシコ国境をパトロールするため、無人偵察機プレデターを展開するとのアメリカ合衆国の計画を正式に承認してきています。アメリカ合衆国は最近、アリゾナのメキシコ国境をパトロールするため偵察機4機とノースダコタ州の北方カナダ国境に1機を蓄えます。戦略国際研究センターでスピーチの間にナポリターノはこう表明しました。
ジャネット・ナポリターノ:「私はまた、テキサス州国境とメキシコ湾領域に沿ってCBP遠隔操作機体制飛行の採用を米連邦航空局が認可していると本日発表するのを誇りに思います. . .このタイプの飛行はどこでも有能というわけではありませんが、ふさわしい場所では、それらは国境警備を向上させるインフラ、人的資源、テクノロジーの正しい組み合せの一部です。」
国家安全保障省ジャネット・ナポ リターノ長官はまた、あらゆる乗り物のナンバープレートを撮影しだす体制を展開することで国境に沿った政府の監視を強める新しい計画を明らかにしました。

ジャネット・ナポリターノ:「自動化するナンバープレート識別システム、Roadrunner計画を実行することでは、私たちは全米薬物統制政策局と組んでいます。Roadrunner計画は、北へ向かうも南へ向かうも麻薬密売を標的にすることをはらんでおり、南西部国境沿いの不法行為に結びつけて考えられています。」

◇一時的停止に穴をあける上でオバマはまた一つ頓挫に直面する

メキシコ湾の深海原油掘削の6カ月禁止を続行するため、オバマ政府による最新の試みを連邦判事が却下してきています。BPの原油流出が米国史上最悪の環境災害と多数が非難してきていることに急降下した先月、ホワイトハウスは禁止を課しました。木曜日、地方裁判所裁判官マーティン・フェルドマンは、一時的停止を6月22日解除する彼の命令を待つのを突っぱねました。レーガン任命のフェルドマンは、トランスオーシャンやハリバートンを初めとするエネルギー会社に大量の株式持分を蓄えます。トランスオーシャンは爆発が起こった油田掘削施設「Deepwater Horizon」を所有し、ハリバートンもその場所で役割を演じました(掘削施設建設)。またフェルドマンは、BPの最大株主BlackRockとJPMorgan Chaseの2社にも株式を所有します。

◇最高裁はエンロンCEOのために裁定する

汚職事件で検察官に罪状を堤出しにくくさせる判決で、最高裁は元エンロンCEOジェフリー・スキリングのために裁定してきています。さらに「公正な貢献の無形の権利をはばむため」、裁判官はそれを犯罪にする法律を投げ出しました。裁判所の決定は、エンロンのジェフリー・スキリングと新聞社幹部コンラッド・ブラックの言い渡しに影響を及ぼす可能性がありました。

◇モロッコで開催の捕鯨年次総会が決裂

南極海でクジラを殺すのを少しづつやめる議長案を日本が拒絶したあと、捕鯨を減らす国際総会(IWC 加盟88カ国)が決裂してきています。新たな合意なしで、日本、ノルウェー、アイスランドは現在の協定の狭間を切り抜けて捕鯨を続けられることになります。

◇デトロイトが77の都市公園を閉鎖

デトロイトでは、市議会が公園を維持する資金920万ドルをカットした翌週、デイヴ・ビング市長が77の都市公園を閉鎖する計画を発表してきています。駐車場はふさがれ、ゴミ置き場は片づけられ、草地は刈られず、整備は維持されなくなると、デトロイト・フリー・プレスは報じます。公園でのイベントは一つも許可されません。

(以上、デモクラシーナウ!ヘッドライン 25 June 2010)

写真はトロントのG8サミットの各国リーダーと、これに抗議するデモ(NYTimes)

◇G8首脳、W杯に気もそぞろ

トロント:サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で16強が出そろい、盛り上がりを見せる中、カナダ・トロント近郊のムスコカで会議中の主要8カ国(G8)首脳らも自国の勝敗に気もそぞろのようだ。

日本代表の決勝トーナメント進出に気をよくした菅直人首相は、25日行われたメルケル独首相との首脳会談で、強豪ドイツとの対戦を熱望した。

20カ国・地域 (G20)首脳会合の最終日27日には、ドイツ対イングランド戦が行われる。メルケル首相は「当日はサッカーを見る」と明言した上で、キャメロン英首相と一緒にテレビ観戦する考えがあることを明らかにした。

メルケル首相によると、首脳会議の場でもW杯は話題になった。ロスタイムで劇的な決勝点を挙げ、予選突破した米国のオバマ大統領はその話題を「繰り返した」(同首相)ほど喜んでいたという。

一方でG8メンバーには、「もちろん少し悲しげな面々」(同)も。前回優勝ながら予選を突破できなかったイタリアのベルルスコーニ首相や、チームの内紛ばかりが注目され、無残に敗退したフランスのサルコジ大統領らはこの話題に心穏やかでなかったようだ。 

(時事通信 2010年6月26日)

0 Comments:

Post a Comment

<< Home