見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

June 18, 2010

デイヴィッド・バーンの激怒



◇選挙キャンペーンの広告にトーキングヘッズの曲「Road to Nowhere」を無断で使用したため、先週、デイヴィッド・バーンがフロリダ州知事チャーリー・クリスト(Charlie Crist)を訴えた。100万ドルの損害賠償金を要求するバーンは、コマーシャルに自分の曲を許可したことは一度もなく、その番組間に入れるコマーシャルはバーンがクリスト候補を支持すると匂わすものだと考える。

フーファイターズ、ヴァンヘイレン、ジョン・メレンキャンプ、ジャクソン・ブラウン、政治家の無断使用によってロックミュージシャンが訴追を求めることでこの告訴は最新のものだ。本日もっと早くにローリング・ストーン誌は、ドン・ヘンリーの利権がカリフォルニアの共和党上院議員候補チャック・デヴォア(Chuck DeVore)によって侵害されたと判事が裁決したのを報じた。(バーンの弁護士Lawrence Iserは2008年の大統領選出馬でジャクソン・ブラウンのシングル「Running on Empty)の使用に絡みジョン・マケインを訴えたときにもブラウンの代理をした。申し立ては以前に解決済み。) ローリングストーン誌は今日、訴訟について話すことと、なぜ評判が大金を手にいれた日以上に価値があるのか?バーンと確かめた。

・なぜあなたはクリストを告訴したいと思ったのか?

ボクが何者でボクが何を支持するかによる、ボク自身の整合性とボクの聴衆の感性の両方にとって、ボクの歌またはトーキングヘッズの歌を広告に使用するのを許可しないことが有意義だと、良かれ悪しかれ決め込んできている。広告に使用されると、歌とのボク個人のかかわりが何だかちょっと切れる。少なくともそれがボクの信念だ。それで、この歌が無断で用いられたのを知ったとき、収入(今までは自制してきた収入)を奪われたというのと、ボクの歌を象徴するものが傷つけられたというのと両方だった。選挙広告を見てボクが歌うのを聞いたら、誰だって当然、ボクがクリストを支持すると思うだろう。 ねえ、この人たちみんなとその友人、家族に出会うことがあって、それは事実ではないと釈明するなんてまっぴらだ!

・前もってあなたの歌のコマーシャルでの使用を認可したくないと思ってきているのはなぜか?

それが時代遅れなのは理解している。ほかの音楽ファンのように、ボクは歌に対して個人的な愛着を心に抱く。ボクは他人が歌に認可を与えるのを注意して見てきている、その結果、多少整合性を見失うのに用心する。同様に、他の部分で彼らに疑いを抱きだす、彼らの歌の究極の真実味を信じなくなるまでに。

・あなたは過去のあなたの歌のライセンスに差し出された金額に基づいて同じ総額100万ドルの訴訟を起こした。誰に手引きされてきているのか?

ボクのビジネス界の人間がボクの前にぶら下げる広告で、ボクの歌の年間使用権に若干のオファーをもらった。ボクはいつもそれを断わった。ボクには曲目のセンスはあってもまったく会社の名前を記憶しない。記録に関して弁護士は実に恵まれている。

・クリストと和解することで少しは協議はあったのか?

ボクらは訴えを提出する前にぎりぎりまで出さずに済ませようとやってみた。ボクたちの法律制度には、たいてい金が、誰かが訴えを起こすかどうかを決定するという問題がある。間違いなく、強い者に対して、なけなしの平凡な男は法廷に至るまで金を使えないと決め込む。今はこの訴えを提出するまでだ。きっとボクたちは保険金支払い方法の選択を探し続ける。

・どれくらいで我慢するのか?

ボクの評判にどれくらい価値があると考える?ああ、おそらくそれには答えない。でもボクにとって、ボクの評判は、何か生涯を通じて証明しようと奮闘するもので、クリストはボクとボクの評判を許可なく遊説に関連づけてきている。やはり、単に無許可、無報酬でボクの音楽を使用する、それ以上のことだよ。

・あなたが支持する候補が仮に無断であなたの音楽を使用しても候補を訴えるのか?

政略も、共和党員か民主党員か無党派かもこれには関係ない。この訴えは、ボクのアイデンティティとボクの音楽の使われ方をめぐって統制を守ることに従事している。

(ローリングストーン誌 2 June 2010 by Patrick Doyle)
http://www.rollingstone.com/music/news/17386/104614

△共和党のクリスト知事は上院選に立候補するが、共和党の保守派とティーパーティ運動の支持を受ける他の共和党候補の下院議長に大差を付けられている。無所属で出馬の意向らしい。
(4月29日付ウォールストリートジャーナルより)

写真はNBAファイナル第7戦を苦戦ながら勝ち取って今季優勝のレイカーズのヒーロー、コービー・ブライアント!
今日の第7戦、第3クォーターまで宿敵セルティクスにリードされっぱなしで、スター、コービーは苦戦した。それでもさすがコービー、「生きるか死ぬか」の雪辱をはたす。フィル・ジャクソンがこれ(ヘッドコーチとして11回目の優勝)で引退するのかどうか?ジャック・ニコルソンはいつもの特等席でそれはもうご満悦...

▽続いて、昨日のニュースに追加

◇「ペンタゴンペーパーズ」を暴いたダニエル・エルズバーグがWikileaksの創立者ジュリアン・アサンジの暗殺を心配する

ベトナム戦争終了を期待して1971年に「ペンタゴンペーパーズ」をリークして有名になったダニエル・エルズバーグが金曜、MSNBCのディラン・ラティガン(Dylan Ratigan)に、最近イラク民間人への米軍の襲撃ビデオをリークした人物と彼自身との間に類似したものを見るのみならず、ビデオを発表したWikileaksの創立者ジュリアン・アサンジの無事を心配すると語った。

陸軍専属ブラッドリー・マニングが最近、万一に備えて逮捕され、フィリップ・シェノン(Philip Shenon)記者によれば、ペンタゴン(国防省)が、この上有害な秘密の暴露を未然に防ぐのを期待して、Wikileaksの創立者ジュリアン・アサンジを「必死になって」捜している。

ほとんど40年前の「アメリカの国民に対して情報を漏らす」スパイ法令のもと、エルズバーグ自身の起訴以来、現在の政府より先に2件ほかの類似の告発があることに注目するエルズバーグは、「政府の透明性と過度の秘密厳守を終わらせることを約束して当選したオバマ大統領が、その誓約をすっかり破ってきている... それは全く、私が彼に投票したとき、そのために投票した、変化のたぐいではない」とぷりぷりして述べた。

("Rawstory" 11 June 2010 by Muriel Kane)

0 Comments:

Post a Comment

<< Home