見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

November 14, 2010

宮古+伊良部島トリップ

昨日の続き...



宮古島からフェリーで25分ほどのところにあるのが伊良部島
島には高校がないので生徒たちはこのフェリーで宮古まで通学する
風速25メートルでフェリーは運航中止となって
みんなが家に閉じこもるファミリーデイとなる
宮古島の人たちには風速20メートル30メートルはそよ風とのこと
台風が来なくて待っていることもあるそうだ
だって台風は島の空気を一掃してくれる
島には川もなければ山もないので
河川の氾濫も土砂崩れもない
樹木だってみんな頭を低くしている
サトウキビだって宮古島のはどれもまっすぐに伸びてない
人も樹木もなにもかもが強度の風に適応する術を身につけて
サステナブルに生きている

写真は左から
宮古島の砂山ビーチ
伊良部島の昔の台風の置き土産 
どこからか運ばれた珊瑚の岩がごろごろ浜に点在する
伊良部島の港に揚がっていた船
同じく港にあったコンテナ なぜか目にとまった
伊良部はかつては遠洋漁業で御殿が建ったところ
島の一番高いところに島の黒い鳥サシバの巨大な像があって
海を見下ろしている
遠く外洋に出た男たちの家族がそこから見送ったという
今はひっそりと生活に結びついた漁業のみ
あとはサトウキビ畑があるばかりだ

△写真はクリックすると拡大版で見ることができます

0 Comments:

Post a Comment

<< Home