見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

December 19, 2010

ロンドンは最も寒い12月


◇ジュリアン・アサンジはハイテク・テロリストにふさわしいとジョー・バイデンが言っている

WikiLeaks創設者と外交公電をめぐって米副大統領がホワイトハウスの誰よりも強硬な意見を述べる。
http://www.guardian.co.uk/media/2010/dec/19/assange-high-tech-terrorist-biden

◇WikiLeaks外電:イエメンの放射性資源はアルカイダのちょろい攻撃目標

単独の歩哨は原子力施設から取り除かれてきており、CCTVシステムは故障していたとサヌアの役人がアメリカの外交官に教えた。

漏れる米外交公電によれば、イエメンの放射性産物の重要な貯蔵所のお粗末な警備は危険な原料がテロリストの手に入るのを可能にするだろうとイエメンの上級役人がアメリカの外交官に警告した。

役人はアメリカ人らに、イエメンの国立原子力委員会(NAEC) 施設の唯一の常設警備員がその持ち場からはずされてきている、そこの唯一の閉回路テレビ受像機防犯カメラが6カ月前に故障して一度も修理されてないと知らせた。

ワシントンや他国の国務長官に加えて、サヌアの大使館からCIA、FBI、米国土安全保障省までに送信される今年1月9日付の外電で、役人は「目下のところ、悪いやつとイエメンの核物質の仲をほとんど裂かない」と警告した。

アラブ世界の最貧国、イエメンは、イラクとアフガニスタンの次にアルカイダの最も精力的な拠点として持ち上がってきている。10月の失敗した航空会社の積荷爆弾構想や昨年クリスマスのデトロイト上空でアメリカ旅客機を落とす未遂計画を含めて、西側諸国の攻撃目標に対する一連の攻撃の原因となっているグループ、アラビア半島のアルカイダ(AQAP)の本拠地だ。安全保障情報源によれば、ナイジェリア生まれのデトロイト爆破犯人Umar Farouk Abdulmutallabはイエメンで急進的になった。

http://www.guardian.co.uk/world/2010/dec/19/wikileaks-cables-yemen-al-qaida

写真:ロンドン西部、イーリングで男性が特大のスノーボール(雪つぶて)を作る。この状況では記録された最も寒い12月になりそうだと気象庁は言う。
Photograph : Kirsty Wigglesworth/ AP(ガーディアン紙)

0 Comments:

Post a Comment

<< Home