見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

December 17, 2010

告発者とファイザーどっちが犯罪


◇WikiLeaks公電:死に至る薬物検査をめぐる訴訟をひそかに傷つけるためファイザーがナイジェリアの検事総長を標的にした

ナイジェリアの子どもたちへの欺瞞的な薬物検査をめぐる60億ドルの訴訟事件を取り下げるよう強要することで、巨大製薬会社ファイザーが、ナイジェリア検事総長に対抗して贈収賄の証拠を見つけ出すために調査官を雇ったことを、WikiLeaksによって公表される外交公電が示します。調査員らはサイン入り承諾用紙を手に入れませんでした、そしてファイザーは、子どもたちが試験薬を飲んでいたことを両親に知らせなかったと医療関係者は言います。11人の子どもが死亡しました、他に、難聴、唖、麻痺状態、脳の損傷、失明、不明瞭な発音を含めて、不具になる損害を被りました。
△続きはこちら↓から
http://www.democracynow.org/2010/12/17/wikileaks_cables_pfizer_targeted_nigerian_attorney

◇生命を奪う内服薬:飛躍的に大きくなる海外の薬物検査の産業界を取締るのにFDAは機能しない 

製薬会社は海外で新薬の臨床試験をますます進めています、通常、規制がより厳重でなくて試薬がずっと安価な国々では、たいてい生命を奪う実績データに至らせます。20年前、アメリカ人による消費を意図するクスリのほんの271の試薬が海外で管理されました。2008年までにその数は6500前後までに膨れ上がっていました、多くが貧しくて読み書きのできない試薬対象のいるエリアで行われます。
△続きはこちら↓から
http://www.democracynow.org/2010/12/17/deadly_medicine_fda_fails_to_regulate

◇調査:製薬会社が米国政府をだまし取ることで軍需産業の上にのぼる

製薬産業が軍需産業よりまさって連邦政府の最大の詐欺師になってきているのを監視団体Public Citizenによる最新調査が見つけています。過去20年を通じて製薬産業界が虚偽の支払い請求法違反で罰金200億ドル前後支払ったのをPublic Citizenが見つけ出しました。産業界の罰金の半分以上がまさに次の4社によって弁済されました:GlaxoSmithKline、ファイザー、イーライリリー(Eli Lilly)、シェーリング・プラウ(Schering-Ploug)。
△続きはこちら↓から
http://www.democracynow.org/2010/12/17/pharmaceutical_drug_industry_tops_defense_industry

◇WikiLeaks攻撃で下院司法議長が懸念を表明する
 
アサンジが釈放されたとき、下院司法委員会がWikiLeaksの政府機密文書公表によって持ち出される憲法の問題で聴問会を開催しました。ジョン・コンヤーズ下院司法議長はアサンジと彼のグループに向けた攻撃によって彼が悩んでいると言いました。 
ジョン・コンヤーズ下院議員:「ちょうど今、疑いなくWikiLeaksは不人気な立場にある。彼らの公表は不快(攻撃的)だったと多くが感じる。だが不人気は犯罪ではない、加えて、掲載するいやな情報もまた犯罪ではない。しかも刑事上の起訴でも対極の措置でも緊急に必要とする、米国議会の顔ぶれ、政府、ジャーナリスト、他の専門家からの再要求が私にかなりの驚愕(狼狽)を引き起こす。」

◇報告:プリンスはBlackwater売って財界の出資金を確保する
 
Blackwater創立者のエリック・プリンスが本日、民間軍事会社売却を発表すると思われます。ニューヨークタイムズ紙によれば、プリンスはロサンジェルスに本拠を置く投資家グループに彼の会社を売る契約に達してきています。報道によれば、売却は、プリンスがこれから告発されなければならないからにはBlackwaterに請負契約を与えるのをやめる国務省のおどしによって促されました。けれども、今後数年間を通じてBlackwaterの財政的パフォーマンスに基づいて弁済の条件約款で、プリンスはその会社に濃厚な利害関係を維持すると思われます。首位の投資家のひとり、Forté Capital AdvisorsのJason DeYonkerは、Blackwaterの創設を通じてプリンスに助言するのを手伝い、会社の最初の米政府の訓練契約に話を付けるのを助けました。 もう一方の主要な投資家はニューヨークがベースの未公開株式会社Manhattan Growth Partnersです。バンク・オブ・アメリカが伝えられる2億ドルの契約の融資を助けました。ありうる刑事上の起訴を逃れるための先制措置と批評家が呼ぶ何ごとかで、プリンスは今年早い時期にアメリカ合衆国からアブダビに移転しました。

(以上、デモクラシーナウ!ヘッドライン 17 December 2010 より)
http://www.democracynow.org/2010/12/17/headlines

0 Comments:

Post a Comment

<< Home