見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

July 12, 2012

ナチュラルワンダー



ボブ・マーリーの音楽への敬意からマーリーと呼ばれる寄生甲殻類
すごく小さいみたいだけれど、
ナチュラルワンダーということで 
まあ、いいか



ZEENEWS.com Eco News 13 July 2012

ワシントン:ジャマイカの国民的英雄であるレゲエミュージシャン、今は亡きボブ・マーリーには、ほら、彼に因んだ生物種がいる。

アーカンソー州立大学の海洋生態学助教授、海洋生物学者のポール・シケル(Paul Sikkel)が発見し、マーリーに因んで命名される“gnathiid isopod(等脚類)”はカリブ海東の浅いサンゴ礁に生息する特定の魚に寄生する血をエサにする小さな寄生甲殻類だ。

シケルはその種を「Gnathia marleyi」と名付ける。

「マーリーの音楽への敬服と尊重から、私はこの種、ナチュラルワンダー(自然界の驚くべきもの)をマーリーに因んだ。おまけに、この種はマーリーと同様、無類のカリビアン」とシケルは言う。

「Gnathia marleyi」は、20年以上、カリブ諸島(西インド諸島)で記述される最初の新種とgnathiid科の範囲内で新種である。

サンゴの砕石、海綿体、または藻類の中に身を隠すことで、若い「Gnathia marleyi」は魚への奇襲攻撃に乗り出すことができ、次に魚に群がることができる。

最初にシケルは約10年前にアメリカ領ヴァージン諸島でGnathia marleyiを見つけだす。アメリカ領ヴァージン諸島は幾年ものあいだ当然その種は前に記述されているとの仮定が広くよく知られる。

にもかかわらず、直感に強いられるシケルは最終的に種の標本を南アフリカノースウエスト大学のNico J. Smitに送った。Nico J. Smitは、その実その種が前に分類学者によって見逃がされてきているのをさらに強く確信させるシケルの研究チームの一員だ。

ついでながら、あなたがたはもしや知りたいのではないかしら、オバマ大統領には彼に因んだ地衣植物がいることを。コルベールには甲虫類がいる、ゲイツにはハナアブが、そしてエルヴィス・プレスリーには蜂がいる。

「Gnathia marleyi」のライフステージはすっかりZootaxiaに掲載されている。

http://zeenews.india.com/news/eco-news/caribbean-crustacean-named-after-bob-marley_786903.html

0 Comments:

Post a Comment

<< Home