見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

June 24, 2012

アサンジは西側の反体制




写真はアサンジが滞在するロンドンのエクアドル大使館建物






◇「受け入れ検討」とエクアドル アサンジ容疑者の亡命申請

スウェーデンでの性犯罪容疑により英国で逮捕され、南米エクアドルに政治亡命申請した内部告発サイト「ウィキリークス」創設者ジュリアン・アサンジについて、エクアドルの反米左派コレア大統領は6月21日、共同通信などに対し「現在、受け入れを検討している」と述べた。
コレア氏は国連持続可能な開発会議(リオ+20)のためブラジル・リオデジャネイロに滞在中。
ウィキリークスは2010年11月、米外交公電約25万件の公表を開始。米国の駐エクアドル大使によるエクアドルに批判的な公電も公表され、コレア政権は同大使を国外追放。コレア氏はアサンジ容疑者を称賛し亡命申請すれば受け入れる用意があることを公言してきた。  
(引用元:共同通信 2012年6月22日)

◇ジュリアン・アサンジのトーク番組、明日の世界の今週の対談はエクアドルのラファエル・コレア大統領
内部告発やリークされた情報を伝えるウェブサイト、ウィキリークスの編集長として知られるジュリアン・アサンジは現在、罪状も告げられないまま英国で容疑者として500日間自宅軟禁されている。

コレア大統領はエクアドルの顔を変えた左派のポピュリストだが、経済学の博士号をイリノイ大学で取得している。

コレアはエクアドルの民主主義の歴史の中で最も人気のある大統領だが、2010年にクーデター未遂で人質に取られた。彼は腐敗したメディアによるクーデターの試みを非難し、物議を醸すカウンター攻撃を開始した。彼はメディア改革が可能かどうかを明らかにすると言う。アサンジはエクアドル大統領の正当性とラテンアメリカのための彼のビジョンは何かに答えを出そうとする。

コレアは4年間アメリカで教育を受けており、アメリカ人を尊敬もしているが、人権侵害は公然と非難する。アメリカの強権は公然と非難する。アサンジもコレアも中立なメディアを求めている。

2006年の大統領選で勝利したコレアは自らを「キリスト教左翼人道主義者」と称し、ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領と親しく、政治的にもチャベスやボリビアのエボ・モラレス、ニカラグアのダニエル・オルテガと連携した反米主義者である。

通貨をドル化する2000年に導入された政策を批判、選挙中に対外債務の返済拒否に言及した。チャベスが国連総会でブッシュ大統領を「悪魔」と呼ぶ演説をしたとき、「ブッシュを悪魔に比べるのは悪魔に失礼だ。悪魔は邪悪だが、少なくとも知性はある」との発言をしている。

(引用元:国際金曜と日本「ジュリアン・アサンジの明日の世界~エクアドル大統領と語る」)

コレア大統領はつい先日のリオ+20の会議で「なぜ銀行は救おうとするのに、地球を救おうとしないのか」と、金融危機の対応に追われるEU各国政府の多くが欠席したのを皮肉った。
(引用元:朝日新聞 2012年6月24日)

△関連記事、英ガーディアン紙の「アサンジは西側の反体制 22 June 2012)」について、メールマガジンNewsFanzineのなかで取り上げました。
http://melma.com/backnumber_112844/

0 Comments:

Post a Comment

<< Home