見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

July 30, 2013

ワシントン大行進50周年

△トレイヴォン・マーティンのために正義を集合させよう
WEDNESDAY AUG 28
△黒人の若者に対する戦争を止めよう
ジンマーマンをムショ暮らしに!

‘STAND YOUR GROUND’ 正当防衛法をひっくり返そう!
 
Dr.マーチン・ルーサー・キング師が率いる人種差別に抵抗するワシントン大行進から50周年の記念日を祝うため、8月24日ワシントンを行進したあとに、People’s Power Assembly Movement(ピープルズパワー召集運動)は、28日水曜に全米各地で"トレイヴォン・マーティンのために正義を集合させよう"を開催するため、活動家を召集します。

カラードの若者に対する人種戦争がある
黒人と褐色の若者は、警察、保安要員、ジョージ・ジンマーマンのようなみずから任じた自警団員によって日常お決まりにプロファイルされる。トレイヴォン・マーティンは、警官によって止められ所持品検査されて、時々ぶちのめされ、殺される多くの若者の顔になっている。黒人と褐色の青年のヤング世代の膨大なパーセンテージを投獄するための言い訳として用いられてきている人種に動機づけられた薬物法を警察と法廷は創設している。この同じ若者たちの失業率は最高で、彼らが就くのを余儀なくされる仕事は、給付金も権利も組合の代表権もない最低賃金の仕事だ。アンチ若者戦争には黒人と褐色のコミュニティの学校閉鎖を含む、大がかりな教育費削減も入る。トレイヴォン・マーティンのリンチ殺人をめぐる私たちの怒りの向きを私たちは黒人と褐色の若者に対する戦争を止めるための新たな全米規模の奮闘に変える必要がある。仕事とフリーダムを求めることが、1963年ワシントン大行進50周年記念日の遺産をほめたたえる最良のやり方だ。

http://peoplespowerassemblies.org/wp-content/uploads/downloads/2013/07/assembly_call.pdf

0 Comments:

Post a Comment

<< Home