見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

July 20, 2013

吹けよ正義、呼べよ抗議のあらし

少年を撃ち殺したジンマーマンは尾行中に911通報してて、オペレーターとのやりとりから、黒人を憎んでいたことがよくわかる

ジンマーマン:この男、怪しげ。ドラッグかなんかやってる。
ジンマーマン:このアースホール、毎度うまいことやりやがって。
911通報窓口:つけてるんですか?
ジンマーマン:ああ
911通報窓口:その必要はありません。

それでもつけまくって、彼は隠し持っていた銃でアスホールを殺しちまった

警官になりたくて進んで自警団のボスを買って出ていたジンマーマン。この人、白人ではない、お母さんがペルー人、ラティーノってことなんだ。彼の住む地区、ゲーテッドコミュニティといって、貧乏人を締め出す「棲み分け」が進むところで、全米で増えるこの傾向が事件の背景にあるようだ。
ともかく、ジェシー・ジャクソン師が法の改正を訴えるフロリダの自衛法「Stand Your Ground」法は怖いです。これが連邦化した際には、アメリカではのんきにウロウロ見て歩けない。この法律がどういうものかについては、メールマガジン「NewsFanzine」で配信する予定。また配信後には右のリンクで読めるようになる。
◇米南部フロリダ州で黒人少年トレイボン・マーティンさんを射殺した元自警団の男性に無罪評決が出たことに抗議するデモや集会が20日、同州マイアミや東部ニューヨークなど全米100都市以上で行われ、亡くなった少年のために「正義を」と大勢の人が訴えた。
黒人運動指導者のアル・シャープトン師らが呼び掛けた。参加者らはトレイボンさんの遺影を掲げ、無罪評決の一因になったとされる、正当防衛による武器の使用を幅広く認める州法の改正や、無罪になったジョージ・ジマーマン氏に対する憎悪犯罪(ヘイトクライム)などによる新たな捜査・立件を求めた。(共同通信)

◇無罪判決が出た翌日14日、カナダのケベックシティで行われた音楽フェスティバルに出演したスティーヴィー・ワンダーは、「本日、正当防衛法が撤廃されるまで私はフロリダ州でパフォーマンスをしないと決めた」と宣言した。(http://www.musicheaps.com/article/bmr/18879/)

◇ホルダー司法長官は15日、事件の捜査を継続していく考えを示した。
ワシントンで行われた黒人女性の社交クラブの会合で、ホルダー司法長官は「少年の死は悲劇的であり、必要のないものだった」と述べた上で、「司法 省は事実と法にのっとって行動を続けていく」と述べた。これは、人種差別に基づく犯罪を禁止する公民権法の侵害も視野に入れ、捜査を継続する考えを示したもの。
ウィクレフ・ジーンが判決に抗議して「ジャスティス」!



きみが17歳で、フーディを着ていたら
きみが携帯で彼女と話するのに夢中になっていたら
気をつけろよ
きみのような男の子はどんな街にもたくさんいる

知ってるだろが
あいつは背後から音もなく近づいてきた

あいつは「怖かったんです」と証言するだろよ
だから撃ち殺したんだってな

トレイヴォンは
もしかしたら次の大統領になってたかもしれない
スティーヴ・ジョブスみたいになってたかもしれない
宇宙飛行士にだってなってたかもしれない

(歌詞は一部引用)

◇無罪評決に狼狽したフロリダの抗議者らは同じところに止まる
20 July 2013

フロリダ州の正当防衛法を変えろと要求する抗議者らが、議事堂から離れることを拒否したままで、終末を閉じ込められたビルで過ごすつもりだ。

ジョージ・ジンマーマン裁判の無罪評決に動揺した人たちは、リック・スコット知事が州の"stand your ground" 法を取り上げる議会の特別会期を召集するまで、抗議を終わらせるつもりはないと言う。

抗議の指導者らは木曜にスコット知事と会った、だが知事はその法律を支持して特別会期を召集しないと彼らに告げた。

金曜、議事堂のドアが施錠されたとき、だいたい85名くらいの人々は車座になって集まった。その一団は、終末を丸まるそこで過ごすとして、食料、ブランケット、枕、ボードゲームを持ち込んだ。

フロリダ法執行局の広報担当者は、抗議者らは残ることができると言う。

http://abcnews.go.com/US/wireStory/fla-protesters-upset-verdict-staying-put-19718886
*3月23日、オバマ大統領が黒人少年射殺事件について思いを述べた。
「もし私に息子がいたら、トレイヴォンに似ているだろう。」
*7月19日、オバマがショーアップ
そばを歩き回るときクルマのドアはロックされて、店舗ではあとをつけられたと、オバマは言った。
オバマ:トレイヴォン・マーティンは35年前の私だったかもしれない。
オバマ:トレイヴォン・マーティンのご家族に配慮と祈りを送ります。

オバマが、黒人であることをここまで明瞭にばらすとは、驚き!

フロリダ州は、「Stand Your Ground」法を一番に通した州、2005年これに署名したのがフロリダ州知事だったブッシュ元大統領の弟、ジェブ・ブッシュだ。タイムズ紙によると、これを推進したのがNRA(絶大な力を誇示するロビー団体、全米ライフル協会)、フロリダはほんの手始めの実験の場、先にある彼らのゴールは、これを連邦化することなんだと。


0 Comments:

Post a Comment

<< Home