見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

July 12, 2013

改訂版メディアガイドライン

◇リーク調査の中で、司法省がメディアガイドラインを見直す
ハフィントンポスト紙 12July 2013

12日金曜に発行した新しいメディアガイドラインのもと、司法省は、報道のデータに接近するため捜査令状を求めるにつき、ジャーナリストを犯罪の共謀者だと決めつけることから制限されることになる。

「司法省は、しっかりと私たちの国の安全保障を確保すると同時に、報道の自由を保護しながら、アメリカ国民の保護を付託される」と、声明の中でエリック・ホルダー司法長官は言っている。「この見直されたガイドラインは、許可されていない暴露にぶつかって取り調べを遂行するとき、適切なバランスがとられるのを確実にするのに役立ちます。」

もうただちに実施されるものと思われる最新版ガイドラインは、バラク・オバマ大統領の指示でホルダーによって着手された再審理の結果である。

2009年にフォックスニュースの記者、ジェームズ・ローゼンのEメールを密かに入手したせいで司法省は非難を受けた。検察は彼らがローゼンを取り調べていたとほのめかして、彼に無断でEメールを手に入れることを連邦当局に認めた。事件においてホルダーはローゼンを共謀者として扱うのを承認したが、あとで、その措置に遺憾の意を表明した。

イエメンでの裏をかかれたCIAのテロリスト陰謀事件を説明する2012年の新聞記事の結果として起こる調査の間に、編集者や記者によって使用された20回線の電話記録を司法省が手に入れていたのを、5月にAP通信が明らかにした。その措置はジェームズ・コール司法副長官によって承認された。

捜査官らは、電話記録を手に入れる前にそれらの要請をAP通信に正式に通知しなかった、政府と報道機関の外交儀礼の関係を絶つ。AP通信の最高経営責任者(CEO)ゲイリー・プルイットは、そのおおざっぱな差押えを「憲法違反」と呼んだ。

新しい方針のもと、「やむにやまれぬ理由で予告や交渉が調査の整合性にはっきりとした実体のある脅威を与えるとか、国家安全保障への重大な危害のリスクがある、または死や深刻な身体被害の切迫したリスクをもたらす」と検事総長が判断した場合を除いて、報道機関は捜査官が取材データに接近するときは事前に通告を言い渡されることになる。

AP通信やフォックスニュースのジャーナリストに対して采配をふるう司法省の戦術は、メディアや言論の自由擁護のメンバー、その措置をどうしてもジャーナリズムを犯罪行為とすることだとみなす一部の人から非難を受けた。暴露、そして結果として続く報道は、ジャーナリストへのリークを現・元政府当局が訴追するなか、オバマ政権の攻撃的で前例のないエスピオナージ法の使用にいっそう光を注いだ。

5月のメディアの嵐の中の演説で、オバマ大統領は、「政府に説明義務のあるリーク調査が調査ジャーナリズム(事実の調査報道)の熱意をくじくかもしれない可能性に悩まされた」と述べて、報道機関を取り入れることや7月12日にガイドラインの見直しを呈示する計画をホルダーに代わって発表した。

オフレコで会議を開催したいとする司法省の要請のせいで、AP、ニューヨークタイムズ、ハフィントンポスト、CNN、フォックスニュースを含む幾つかの報道機関が招待を辞退するなど、ホルダー・メディア会議には彼ら自身の論争がなかったわけではない。ワシントンポスト、ポリティコ、ABCニュースを含める数社の販路が基本原則を受け入れた、それは後に、明らかになったことを関係者が広く議論することを見込んで緩められた。

http://www.huffingtonpost.com/2013/07/12/justice-department-media-guidelines_n_3587819.html

0 Comments:

Post a Comment

<< Home