見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

July 30, 2013

イタリア初の黒人閣僚


セシル・キエンゲ大臣は議会でいろんな嫌がらせを受けている
議会の中で、こんなことはもうよそうと発言
彼女はインターネット上で死の脅迫も受けていた




 ◇イタリアで黒人として初めて閣僚に起用されたセシル・キエンゲ移民融和担当相が26日、連立与党・民主党の集会で演説中に聴衆の1人からバナナを投げつけられた。幸いバナナは演壇まで届かずキエンゲ氏には当たらなかったが、この嫌がらせに対しイタリア政界をはじめ全国で非難の声が高まっている。

アフリカ・コンゴ共和国生まれでイタリア国籍を持つキエンゲ氏をめぐっては、反移民を掲げる野党・北部同盟の議員が今月初めに同氏をオランウータンに例える発言をするなど、衝撃的な嫌がらせ行為が相次いでいる。

キエンゲ氏は今回の「バナナ事件」について、直後に「食べ物を粗末にするのは悲しいことだ」とコメント。挑発に乗ったり差別主義を声高に非難することを避けてきたこれまでの姿勢を貫いた。

キエンゲ氏は翌27日に出席した「左翼・エコロジー・自由党」 の集会で、聴衆から拍手で迎えられ「イタリア人であることを誇りに思う」と挨拶した。また、「私に問題があるわけではないと思う。不幸な人、不満を発散し ている人たちがいるということだ。そして、彼らの不満に耳を傾けるのが私の仕事だ」「イタリアの良い面を引き出さなければならない」などと報道陣に語っ た。

(引用元:AFP 2013年7月29日)
http://www.afpbb.com/article/politics/2958743/11103165

0 Comments:

Post a Comment

<< Home