見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

May 22, 2015

この土地は全部 ユダヤ人のもの

◇イスラエルの新しい外務副大臣:「この土地は私たちのものです。すっかり私たちのものです」
Tzipi Hotovelyがイスラエル外交官に挨拶をして、ヨルダン川西岸入植地の全世界にわたる承認の達成に尽くすと伝える
Assoiated Press 19 May 2015

写真:外務副大臣Tzipi Hotovelyはエルサレムのイスラエル国会(Knesset)議員。イスラエルはその政策に言い分けが存在するとは認めていないと言って、国際社会にけんか腰のメッセージを届けた。

木曜、イスラエルの新しい外務副大臣が、イスラエルは聖地における政策に言い分けが存在するとは認めていないと言い、それはユダヤ民族に属するとの彼女の信念を裏打ちするために宗教上の権威ある出典から引用して、国際社会にけんか腰のメッセージを伝えた。

Tzipi Hotovelyの挨拶は、ベンヤミン・ネタニヤフ新政府における強硬論者の影響と、パレスチナ人との和平を続行することで彼が真剣であると世界を説得しようと努める時に彼が直面する難題を明らかにした。

Tzipi Hotovely(36歳)は、ヨルダン川西岸の入植地建設を支持し、ぶんどった土地をパレスチナ人に引き渡すことに反対するネタニヤフのリクード党の若き強硬論者の世代の中にまじる。ネタニヤフが国会でほんのわずかな1議席過半数を我慢して以来、これらの議員は和平交渉を復活するどのような試みも悪化させることができた。

ネタニヤフが外相代理としてもつとめることで、Hotovelyは目下のところ、国のトップの専任外交官である。

イスラエル外交官に向かって話す就任の挨拶で、イスラエルは世界に譲歩しようと懸命にやりすぎており、我が身を擁護する必要があるとHotovelyは述べた。

「私たちはこの国のために私たちの権利というごくあたりまえのことに報いる必要があります」と彼女は言った。「この土地は私たちのものです。すっかり私たちのものです。これまで私たちはそれを陳謝する状態に至っていません。」

正統派ユダヤ人、Hotovelyは、彼女の挨拶に神がユダヤ人にイスラエルの国を約束したとの聖書の注釈を織り交ぜた。もっとあとの英語での挨拶で彼女は、はなはだしく反対されるヨルダン川西岸の入植地について、全世界にわたる承認が集まるよう精いっぱいやってみると合図を送った。

「祖国のどこにも、ユダヤ人のための家を建設するイスラエルの権利を承認することを、私たちは国際社会の主義として期待します」と彼女は言った。

Hotovelyは外務省の日々の機能を管理するが、ネタニヤフは外交政策の係にとどまる。

最近の選挙運動中にネタニヤフは、彼が見張っている時にパレスチナ国家の樹立を容認しないと言って西側同盟国を怒らせた。水曜、彼は2国家解決に積極的に関与のままでいると客員のEU外交政策のボスに語った。

ネタニヤフのスポークスマン、Mark Regevは、Hotovelyの挨拶についてコメントを拒否したが、ネタニヤフの水曜の声明が彼の政策を映しだしたと述べた。

http://www.theguardian.com/world/2015/may/22/israels-new-deputy-foreign-minister-this-land-is-ours-all-of-it-is-ours

0 Comments:

Post a Comment

<< Home