見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

June 17, 2016

威信を失う二大政党制

◇アメリカはNATOの計略のためにヨーロッパを恐怖に陥れる
Sputnik 08 June 2016 by Finian Cunningham



アメリカはついにその大胆不敵なまやかしで成功した。先導するNATO加盟国は増大する軍事支出のためにヨーロッパの同盟国の間で180度の大転換をなんとか調整することができた。


そしてこの計略の中心に理性を失った一連の反ロシア・プロパガンダ作戦がある。過去2年間、ワシントンやある特定のヨーロッパから速まる声を大にして唱える主張があり、「ロシアの攻撃性」や「安全保障の脅威」について警告して用心させる。

ロシアのクリミア“併合”とウクライナを“不安定にする”ことで貧弱な証拠による大げさな非難はすべて企業や政府にコントロールされる“ニュース”メディアによってプロパガンダの騒然たる状況に陥れられて煽動されて西側社会におしみなくどんどん与えられた。

http://sputniknews.com/columnists/20160608/1041017922/us-terrorizes-europe-nato.html

◇ロシア至近のNATOの戦争計略は人類を第三次世界大戦のほうにおしやる

NATOが不正な戦争のたくらみ“アナコンダ16”を開始して第二次世界大戦以降最大の外国軍勢の集合を命じた。

Sputnik 8 June 2016

増大する外部の脅威に対処するため軍隊を増やすことでモスクワに国内経済が飢えるのを余儀なくさせることを目的とする冷戦を再燃させようとする企て、アナリストが「挑発の夏」と呼ぶものの一部として、月曜日、NATOがロシア国境の近くで数十年で最大の戦争計略に乗り出した。

http://sputniknews.com/military/20160608/1040968457/nato-wargames-poland-russia-obama.html

◇批判を表明するにもかかわらず、スーザン・ライスは「アメリカ史上最大の軍事援助」をイスラエルに約束する

アメリカの大統領補佐官(国家安全保障担当)はまたイスラエルの持続可能な安全保障とパレスチナ人の尊厳や自決権への唯一の道は2国家2民族だと言ってイスラエルの入植活動を激しく非難する。

Haaretz and JTA 8 June 2016
http://www.haaretz.com/israel-news/1.723578

◇2016年の選挙戦:二大政党制は威信を失う

私たちは二大政党の候補が重大な法律上の問題に直面して想像では懲役刑に科せられる可能性がある総選挙に向かっている。

https://essentialopinion.wordpress.com/2016/06/06/campaign-2016-the-two-party-system-loses-credibility/

◇アメリカは財政的軍事援助で毎日イスラエルに1020万ドル支給する、ところが一方、パレスチナ人に支給する軍事援助はゼロである。
イスラエルへのアメリカ直通の援助の総額は十分に1400億ドル以上にのぼる。毎年イスラエルはじかに外国援助で約30億ドル受け取る、それはアメリカの対外援助予算全体のおよそ5分の1。

http://www.ifamericansknew.org/stat/usaid.html

◇国連は子どもの権利侵害者ブラックリストからサウジアラビアを取り除くことで非難を招く:イエメンで子どもの権利を侵害するために世界の組織体によって以前にブラックリストに載せられるサウジアラビアをグループから取り除く決定によってヒューマンライツウォッチとアムネスティインターナショナルが国連をののしる。

http://www.presstv.ir/Detail/2016/06/08/469436/UN-Saudi-Arabia-Yemen

◇イエメンで子どもを殺害するためにサウジ主導の連合体をブラックリストに載せたのち、国連事務総長が「恐喝」に直面する:
伝えられるところでは、もしも国連の子ども殺害ブラックリストから取り除かないならばパレスチナ難民への援助を切り詰めて国連に対してファトワを出すとサウジアラビアが恐喝した。

http://www.telegraph.co.uk/news/2016/06/08/un-chief-faced-blackmail-after-blacklisting-saudi-led-coalition/

◇エクアドルにおいてCIAの証拠があるとコレア大統領:
水曜、新聞記事などによる組織的中傷を通じて政府の存在をあやうくするための国の中でのCIAの関与とジャーナリストやメディアや政治家との関係について、teleSURによって出された報告書をエクアドルのラファエル・コレア大統領が「強力」と説明した。

http://www.telesurtv.net/english/news/We-Have-Proof-of-CIA-in-Ecuador-President-Correa-20160608-0037.html

*戦争の失費
イラクに関してアメリカの戦争と占領で虐殺されたイラク人の数:
“145万5,590人"
アメリカのイラク戦争でいけにえとして犠牲にされたアメリカの軍人の数(公式に事実として認められたもの): 4,883人
アフガニスタンで虐殺された国際的占領部隊の軍勢の数:3,487人
イラクとアフガニスタンにおける戦争の出費
2001年以降の戦争の総出費:1,693,050,092,699

0 Comments:

Post a Comment

<< Home