見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

October 19, 2016

トランプランド


◇マイケル・ムーアが奇襲するドナルド・トランプのドキュメンタリー映画を公開

オスカー受賞映画制作者がオハイオの共和党員らがなんとしても妨げようとした映画、「Michael Moore in Trumpland」の公開を発表した

オスカー受賞制作者は入場無料となる最初のニューヨーク上映で「Michael Moore in Trumpland」を大スクリーンに持ち出す。映画はそのうえ、10月19日に公式に公開される。

公式の解説には次のとおり書いてある:「オハイオの共和党員がなんとしても妨げようとした映画をご覧なさい。2016年大統領選の数週間前にオスカー受賞者のマイケル・ムーアがまさに彼の大胆不敵でおもしろいワンマンショーで、敵地、トランプランドの本質の深みに突進します。」

ニュースは17日月曜、ムーアと共有する追随者のツイートでツイッター上に突然現れた。

先月、オハイオの劇場でショーを上演して撮影することから締め出されたことをムーアはフェイスブックで伝えた。「あっさりと事実を認めて彼らの決断力を誇りに思う代わりに、人々がほんとうに明白なウソのほうを選ぶというときには常に驚かされる」と彼は書いた。「この劇場を経営する善人が、本当のところは、彼らがしたことを誇りに思っていないのは確かだ、そして検閲という彼らの卑劣な行為が誰にも知られないことを望んでいたのは確かだ。彼らはたぶん、僕たちがわざわざこれほどおおっぴらに暴露するとは思わなかっただろう。このようにして、小さな町はこのようなまずい話から逃れる。そして、こういう町で大人になったとすれば、あなたには僕が言ってることがわかる。」

彼のすぐ前の映画「Where to Invade Next(次はどこを侵略するか)」は興行面で期待はずれで売り上げはほんの380万ドルだった。彼はすでにトランプのやかましい敵対者で、彼はトランプの大統領選挙戦まるごとがまったくNBCでもっとよい給料を交渉するために組み立てられていると思うと言っている。

https://www.theguardian.com/film/2016/oct/18/michael-moore-surprise-donald-trump-documentary?utm_term=Autofeed&CMP=twt_b-gdnnews#link_time=1476807915


◇ショーン・ペン:トランプに投票するのは“地獄への道をひたすらマスターベーションしながら進む”ようなもの

火曜の夜、スティーブン・コルバートのレイトショーに立ち寄る間、俳優で活動家のショーン・ペンが共和党大統領候補ドナルド・トランプに投票することを“地獄への道をひたすらマスターベーションしながら進む”ことになぞらえた。

月曜のトランプとヒラリー・クリントンの討論会は“人と人との間の討論”以上のものだったので見なかったとペンは言った。「そこで国家に関する討論がまくしたてられているとは思わない」と彼は言った。

ペンは言った:「2つの選択肢がある:愛する子どもたちと絶縁するときっぱり決意ができて、木にひどいことをして、木にひどいことをする力があることを示すか。または、ヒラリー・クリントンのようなひとかどの人物にうってつけの非常に大きな前途に投票しに行くことができるか、次にはどのような大統領でもなんであれ出世を受け取ることができる唯一の道に挑戦して支えることができる、そして4年間我慢する、さもなければ、唯一の金髪のマジシャンのように見える男と地獄への道をひたすらマスターベーションしながら進むことができるだけだ。」

ところで、ペンの最新の監督作「The Last Face」は5月のカンヌ映画祭でデビューし、こっぴどくこきおろされた(ガーディアン紙のベンジャミン・リーは映画を「関係する全員にとって仰天するような期待はずれ」と呼んだ)。

https://www.theguardian.com/film/2016/sep/28/sean-penn-donald-trump-masturbating-hell

0 Comments:

Post a Comment

<< Home