見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

October 07, 2016

ピンクフロイドが結束

◇ピンクフロイドが “Women's Boat to Gaza(ガザに至る女性の船)”を支えるために結束する

デイヴィッド・ギルモア、ニック・メーソン、ロジャー・ウォーターズが、イスラエルのガザ包囲に反対して今週逮捕された活動家たちを支持する声明をだす

ピンクフロイドがロンドンでLive 8(ライブエイト:2005年7月2日 アフリカ貧困撲滅チャリティイベント)コンサートをやるために再結成した時から11年、だが今は残る3人のメンバーが共通の理由のために仲たがいをもうすんだこととした。しかしながら、理由は音楽ではない。

それよりも、ひと言で言えば、イスラエルの“ガザ包囲”に反対したグループ、 Freedom Flotilla Coalition(自由船団連合体)が主催する、先月バルセロナからガザへ向けて出帆した世界各地からの女性の一団、Women's Boat to Gazaに支援を提供するためにデイヴィッド・ギルモア、ニック・メーソン、ロジャー・ウォーターズは結びついた。そのWomen's Boat to Gazaは今週初めにイスラエル海軍によって途中で止められ、クルーが逮捕された。彼女たちは間もなく国外追放されるものと思われる。

ピンクフロイドのフェイスブックには、水曜、デイヴィッド・ギルモア、ニック・メーソン、ロジャー・ウォーターズの女性たちへの支持を表す投稿が載った。同じ投稿はウォーターズのフェイスブックに出た、もっともギルモアのフェイスブックにはないが。

=====
ピンクフロイドのフェイスブックより
"ピンクフロイドはWomen of the Gaza Freedom Flotilla(ガザ自由船団の女性)に賛成して再結合する"
デイヴィッド・ギルモア、ニック・メーソン、ロジャー・ウォーターズはWomen of the Gaza Freedom Flotillaに賛成して団結した状態にある、そしてイスラエル国防軍による国際上の海域における彼女たちの違法な逮捕と拘留を遺憾に思う。
https://www.facebook.com/pinkfloyd/?ref=nf
=====

とりわけ、ピンクフロイドの支持が彼らの理由に注意を引きつけたせいで、女性たちはすぐに解放されるとものと思われると自由船団は言った。

ロジャー・ウォーターズは2005年にイスラエルを訪れて以降、パレスチナ人の大義の代表として運動をした。彼はイスラエルに関して文化的なボイコットを要求して、その国における彼らの利益を投げ出すために制度化された法令を要求した。

ピンクフロイドの政治運動より音楽のほうに興味があるファンは、少なくとも11月11日にちょっとした至福にありつくだろう、その日バンドは途方もない27枚組ボックスセット、“The Early Years 1965-1972”を発表する、それには膨大な量の以前にリリースされなかった音楽が入り、たとえば「Vegetable Man 」や「 Scream Thy Last Scream」といったシド・バレット時代の希少価値のあるものの最初の公式リリースが含まれる。

https://www.theguardian.com/music/2016/oct/07/pink-floyd-reunite-israel-gaza-david-gilmour#img-1

0 Comments:

Post a Comment

<< Home