見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

March 31, 2007

コードネームはイングリッシュ・コック



CNNによると2003年のイラク侵攻以来という大規模な米海軍戦闘艦艇がペルシャ湾に集結しています。
3月27日、イギリスのブレア首相はイランが英海軍兵士と海兵隊員15人を解放しなければ「別の段階」に進むと警告してしまいました。
3月28日、イランが拘束中の兵士救出にイギリス軍を派遣したとの憶測を英国防省が否定と、事態はどんどんきな臭くなってきています。いやーな雰囲気です。
以下はニュースからの抜粋。
イラン核問題をめぐる情勢が緊迫化する中、23日にはイランがペルシャ湾で船舶の臨検に当たっていた英軍兵士15人を拘束する事件が発生。米国防総省は、今回の演習と事件との関係には言及していないものの、新たにペルシャ湾に投入された空母「ジョン・C・ステニス」のジョハンソン艦長は米メディアに対し、「イランは威嚇的な行動を取らないよう注意した方がいい」と言明したそうです。
また、追加制裁措置を盛り込んだ新たな安保理決議の成立により、経済的孤立を深めるイランが暴発し、原油積み出しの世界の動脈であるペルシャ湾封鎖に乗り出す懸念がささやかれています。ブッシュ政権は原油輸送ルートを確保する狙いから、大規模海上兵力の「予防展開」に踏み切ったとみられています。
ブッシュ政権は安保理を利用した外交・経済的な締め付けと並行して、軍事的にもイラン封じ込めを急いでいます。チェイニー副大統領を筆頭とする政権保守派は対イラン武力行使の選択肢を排除しない考えを示唆し続けます。(時事)

上の写真は、英国防省が公表した英兵がイラク領海内にいたことを示すGPSの記録図。英国防省提供(2007年ロイター)
続いて、先月15日、イランとの国境付近で撮影した駐イラク英軍の車両(2007年ロイター/Wisam Ahmed)

0 Comments:

Post a Comment

<< Home