見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

May 12, 2007

慢性硬膜下血腫という病気


わが家には9年前に脳卒中をわずらい、左片麻痺状態のおじいちゃんがいます。
からだは不自由でも頭はしゃんとしており、「毎日がリハビリ」だと言って一日おきのヘルパーさんの介助つきお散歩も暑くても寒くても欠かさずに、歩けることを愉しみにしているおじいちゃんです。
気圧の変化とかでたまに歩行が不調になることはあっても、大きな崩れもなく、大きな変調もなく、週3日のデイサービスでは自分専用のテーブルもちゃっかり用意してもらってひとり勝手に切り絵をやり、あとの3日をヘルパーさんとのおしゃべりも弾み、午後にはリクエストに応えたおいしい夕食も作ってもらって、それなりに楽しく過ごしていました。
もし高齢のおじいちゃが家族にいて、そのおじいちゃんが脳梗塞や脳卒中の経験者で、飲んべえだったなら、そしてある日突然こういう症状が出たなら、陽気のせいだとか高齢だからそういうこともあるよとかのんきなことを言ってないで、至急、総合病院の脳神経外科に行き、CTスキャンを撮ってもらってください。
うちのおじいちゃんは、ある日突然、歩行困難になり、ぷらぷらでまったく機能してない悪い方の脚(左側)は、機能してなくても補足靴で固定して、歩くときにはそれなりに持ち上がって付いてきていたのが、ほとんど持ち上がらずに、よいほうの脚の機能も引っぱって、車いすでしか移動ができなくなった。
そうこうするうちに、朝5時には朝食、夜9時には就寝という規則正しい毎日の生活パターンが狂い出し、夜中過ぎにも寝室でうろうろしてるから、「どうしたの?もう夜中すぎてるよ」と聞くと、「まだ寝る時間じゃないから」と答える始末。もっとすごいのは、袖や頭を通すところがわからなくなり、服が自分では着れなくなったこと。どこをどう通したのか、拘束着みたいなことになっていて、そのまま車いすに平然と座っているのを見つけたときには度肝を抜いた。ジャケットの襟が下になって裾が襟の側になって着ていたこともあった。
おじいちゃんにしても、変なことはわかっているけど、何度やりなおしてもこういうことになっちゃうのであきらめたというか、途中で忘れちゃうみたいなのだ。
おもわず、お笑いでもやってくれてるのかと思って笑っちゃうこともあった、もともとユーモアのセンスはあるおじいちゃんだったから。
ヘルパーさんも、どうしたのかしら?とは思っても、もしかして冗談言ってる?と、はじめの頃はどうとらえていいか迷ったそうなのだ。尿失禁という症状もあった。頭をドアにぶつけたり見当が狂うということもあった。カレンダーはまだ4月なのに5月の13日の日付に病院へ行くと書いてある。今日は何日?と聞いてみると、2月のカレンダーを開き、2月13日だ、と答える。
そう、まさに痴呆症の症状だ。突如やってくる進行性の痴呆症かと思った。
やばいなー、やばいぞ、これは。どうする?おじいちゃんもそうだろうが、周囲もパニックっぽくなった。痴呆症はこうやって来るものなのか?困ったなー困ったぞ!
かかりつけの医師は、「この陽気だからねーしかたないよ。」「頭もおかしくなるよ」とぶつぶつ、こういう手があると言って、血行が良くなるクスリを処方した。それでもあんまりおかしいから、CTは撮っておいた方がいいのでは?ということにして紹介状を書いてもらった。
陽気のせいでも高齢のせいでもなく、この悪さを引き起こしている事態が右脳のなかで進行していた。これは「慢性硬膜下血腫」というちゃんとした病気だ。
原因は1〜2ヶ月前に頭部をぶつけたことによる外傷、二重の袋に包まれた血腫が脳を圧迫して、歩行困難やまるで痴呆症の症状を引き起こしていたのだ。
高齢者の男性に多く、高齢者の場合にはうちのおじいちゃんのような症状になるが、若い人だと頭痛や吐き気になるそうだ。
自然に治ることはまずない病気で、頭を5センチほど切開してドリルで穴をあけ、ドレインで血腫をすべて吸い出す手術をすることになる。即入院で翌朝手術となった。1時間20分ほどの手術になり、血腫が思ったより多くて全部を取り出せず、ドレインを付けたまま一昼夜自然に流れ出てくるのを待つことになった。
翌朝もまだまだ出てくるので、ドレインの位置をずらしてもう一日待つことに。この間、おじいちゃんの顔はまんまるお月さんのように腫れ上がっていた。目も開けられないほどだった。(そういえばだいじなことなのだが、様子がおかしくなったとき、顔がむくんでいた。)
でも翌日には全部とれて、傷口を縫っておしまい。顔も以前のうちのおじいちゃんの顔に戻っている。頭の方も戻ったよ。右脳をおそうじしてもらったので前より少しだけよくなっているかもね。(いまのところ前と変わりない。)
この病気は10万人に一人か二人の割合で起きてるそうだよ、でも増え続ける傾向にあると脳神経外科のオフィシャルサイトにはあった。
また再発もある。10%のリスクある人にうちのおじいちゃんは入る。すでに脳が萎縮しているし、出血しやすいし、血行をよくするクスリを飲んでいる。
もう酒はやめよう。転倒しても頭をぶつけたことをほとんどの人が憶えてないそうだ。うちのじいちゃんはよくベッドからだるまさんのように転がり落ちていたからね。酒を飲んでうとうといい気持ちになってベッドの上でお座りしていると、腕も脚も左側が利かないから、そのままコロリンとベッドの下まで落ちちゃうんだ。
まあ、とにかく、痴呆症とかではなくてよかった。
病名がわかったとき「すべては病気だったんだよ、よかったね、治るんだから」
まだ頭のおかしいおじいちゃんにこう言って家族は喜んだ。

上の写真は、先日京都に行った際のものです。二条城の北側の駐車場の脇道で見つけた「大泥棒」というかりんとうみたいなお菓子のお店、なつかしい「みかん水」を飲みました。これ、おいしいよ!

0 Comments:

Post a Comment

<< Home