見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

August 08, 2007

米国も日本も変わらないのはおかしい


いま、中東の地イラクに16万2000人の米軍部隊がいるんです。これ、すごいと思いませんか。
8月7日、米国防総省が「イラク駐留米軍兵力は2003年5月の大規模戦闘の終結宣言以来、最大規模の約16万2000人に達した」と発表しました。(CNNより)
1月にブッシュは、治安維持改善などを理由に増派を発表しています。予算の増額も、裁判所の許可なくやりたい放題ができるテロ対策がらみの盗聴法の延長も、すべて通っています。民主党が議会で多数派を制し、ここまで大統領の支持率が落ちても、「変わらない」のは、何かがおかしいですよね。だから、まっとうな人々がそれぞれの立場で行動を起こしています。バーバラ・リーを筆頭に40人の下院議員がブッシュに手紙を書きました。シンディ・シーハンらが憲法を支えるのに民衆パワーしか残っていないと民主党を見放して、ペロシ下院議長の対抗馬で自分が立つ!とキャンペーンが動きだす勢いです。そして人々のブッシュ&チェイニー弾劾の動きも加速しています。そこまでブッシュ政権と、2大政党制という政治システムに、失望とその反動の怒りが煮えたぎっているということです。日本でも人々の声・選択が反映されないとしたら、おかしいんです。

ニューヨークが嵐でカオスとなりました。クルマをこわす強風で竜巻の脅威があったのです。(9日のBBCニュースより)
豪雨と強風がニューヨークエリアに大混乱を引き起こしている。そして地下鉄と地上の高架線にどっと流れ込んで冠水させ、空の便を遅らせる。
木々が根こそぎにされ、クルマを押し潰して通りをふさぎ、屋根がはがされて停電したと報じられた。
嵐は竜巻・鉄砲水警報に至ったが、あとで暑くてむしむしする状態をもたらした。
朝のラッシュアワーを避けるようにと輸送機関当局が通勤者に助言して、多くの労働者が自宅で待機した。
マンハッタンの中心エリアに向かうどの地下鉄ラインもラッシュアワー時間帯は遅れをこうむりやすい。隣のニュージャージーからマンハッタンに向かう鉄道ルートにも影響が及んだ。
ジョンFケネディ空港からのフライトは1時間半ほど、ラガーディアからのは約1時間、遅延した。
気温は一日中38°にまで上がることが予測された。

いよいよすごいことになってきました。日本の夏はずいぶん前から亜熱帯になっていますが、今年はまたちょっと暑さのタイプが違うような気がします。ヨーロッパの熱波もこれまたすごいです。サルコジ大統領は大好きなアメリカのゴージャスな避暑地でボートに乗っています。こう書くとまるでマンガですが。カメラを向けられ、相手のボートに乗り込んで威嚇する!姿は、すぐぶちキレるケチなギャングみたいでした。
写真はニューヨークの豪雨と強風で倒れた大木につぶされたクルマです。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home